鎌倉版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

障害者の就労支援事業所「笑ん座カフェ」の代表を務める 伊藤 裕美さん 城廻在住 50歳

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

「生きてるだけで儲けもの」

 ○…知的障害や精神障害を持っていても、自分らしく楽しみながら働けるようサポートする事業所「笑ん座カフェ」を城廻に開いた。「キーワードは『障健混在』。このふたつの境界線をなくせるような、誰もが気軽に集える場所にしたい」と意気込みを語る。

 ○…名古屋市出身。幼稚園から大学まで「エスカレーター式」で上がり、卒業後は就職せずに「花嫁修業」に励んだ。その後お見合いを経て結婚し、3人の息子を出産。34歳の時、鎌倉に引っ越してきた。

 ○…次男の3歳児健診で「発達障害」と告げられた。大きくなるにつれて、突然パニックを起こし周りに馴染めない様子を見て「1人で思い悩み、追い詰められていた時期もあった」と当時を振り返る。しかし、周りのサポートや次男自身から学んだことで徐々に気持ちが変化していった。「彼は競争や数値に惑わされない。そんな姿を見て、周りと比べている自分に気が付いた」と話し、優劣ではなく個性と捉えたとき、障害を受け入れることができたという。その後、発達障害児を持つ親の会などで活動するようになり、啓発活動や親同士の勉強会など様々なイベントを企画・運営してきた。講演会のゲストを決めるときに、有名人の事務所に直接電話をかけて周りを驚かせたことも。「結婚するまで外で働いたことがないから世間知らずなんです」と笑いながら話すが、常識やイメージにとらわれない自由な発想と行動力は周りを勇気づけ、大きな力を生んでいる。

 ○…長男が生まれるまでの7年間、不妊治療で苦しんだ時期があった。様々なことを経験した今だからこそ「人間生きているだけで儲けもの。弱みは生きる強さに変えることもできる」と胸を張る。「多くの人に支えられて今がある。私や息子が受けた恩を、地域に返せれば」との思いは強い。獲得した「自由」と「強さ」を武器に、笑ん座カフェを引っ張っていく。

鎌倉版の人物風土記最新6

今井 恵莉花さん

第25代ひょうたん娘に選ばれた

今井 恵莉花さん

市内在住 22歳

7月1日号

齋藤 克希さん

一般社団法人サステナブル推進協会「NAMIMATI」を発足する

齋藤 克希さん

稲村ガ崎在住 24歳

6月24日号

五味 俊哉さん

60周年を迎えた鎌倉交響楽団のコンサートマスターを務める

五味 俊哉さん

岩瀬在住 53歳

6月17日号

白井 正和さん

第64回鎌倉市陸上競技選手権大会の一般男子5000mで優勝した

白井 正和さん

植木在住 55歳

6月10日号

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

鎌倉市観光協会の「納涼うちわ」を デザインした

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

梶原在住 56歳

6月3日号

向井 洋さん

大船警察署の署長に就任した

向井 洋さん

大船在住 53歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook