鎌倉版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

鎌倉市議会 「基本条例」後初の報告会 市民と議員の直接対話も

政治

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
話し合う市民と議員
話し合う市民と議員

 鎌倉市議会は5月16日に市役所全員協議会室で、17日に大船行政センターで、「議会報告会・意見聴取会」を開催した。

 これは情報発信や市民参画のあり方を定めた「議会基本条例」に基づくもの。今年1月に同条例が施行されて、初の報告会となった。

 初日となる16日には17人の市民が参加。前半の「議会報告会」では、各常任委員長、予算特別委員長から2月定例会の審議事項が報告された。

 その後の「意見聴取会」では、市民と議員が同じテーブルを囲んで、市政の課題について話し合いが行われた。市民からは「ネット中継は録画の分をもっと早く公開してほしい」といった議会の情報発信に関する要望のほか、4月から始まった家庭系ごみの収集有料化について「市民負担が増えることは納得できない」や、山崎浄化センター内が候補地となった新ごみ焼却施設について「負担の一極集中は避けるべき」「市は建設に10年と言っているが時間をかけすぎでは」といった意見が出された。

 参加者の一人で約1年前から鎌倉で住み始めたという弁護士の男性は「議事の進め方や論点の整理など改善できる部分はある」とする一方、「地域の課題について知らないことが多く勉強になった。今後は自分自身でも情報発信できるようになりたい」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「医療はどうあるべきか、本質を問われ続けた日々」

湘南鎌倉総合病院 院長代行 小林修三さん 特別インタビューコロナ時代どう生きる

「医療はどうあるべきか、本質を問われ続けた日々」 社会

7月31日号

「ホームをカニが通過します」

「ホームをカニが通過します」 文化

長谷駅の注意書きが話題

7月31日号

独特な魅力の食虫植物展

独特な魅力の食虫植物展 文化

フラセンで展示・販売

7月31日号

プロから学ぶ「写真教室」

プロから学ぶ「写真教室」 社会

鎌倉中央公園 参加者募集中

7月31日号

海岸安全確保、キックオフ

海岸安全確保、キックオフ 社会

市と関係団体セレモニー

7月31日号

夢か現か 江の島灯籠

夢か現か 江の島灯籠 文化

8月31日まで点灯

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク