鎌倉版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

原さん訃報に悲しみの声 追悼コーナーや絵画展も

文化

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
川喜多映画記念館の入口に設置された追悼コーナー
川喜多映画記念館の入口に設置された追悼コーナー

 市内浄明寺に住んでいた女優・原節子さんが9月5日に肺炎のため亡くなっていたことがわかった。95歳だった。日本映画の黄金期を代表する女優として、松竹大船撮影所から生まれた数々の名作を彩り、1962年の引退後も鎌倉でひっそりと生活を続けていた原さん。そんな鎌倉にゆかりの深い「伝説の女優」の訃報を受け、市内では追悼の絵画展などが企画されている。

 「助手だった自分には近寄りがたいくらい大きな存在だった」-。小津組の撮影助手として1960年、原さんも出演した『秋日和』の制作に松竹大船撮影所で携わった兼松熈太郎さん(日本映画撮影監督協会理事長)は当時の心境を話す。「共演者の司葉子さんとよく一緒に行動していた。本当の大スターでした」と名女優を惜しんだ。

 鎌倉市川喜多映画記念館は、入口に原さんの写真とカサブランカの花を飾り、追悼コーナーを設けた。同館の馬場祐輔さんは「ささやかですが追悼の意を示したかった」と話す。

 2010年に開館し、これまで往年の名女優を取り上げてきた同館。なかでも「原節子さんを取り上げてほしい」というリクエストが多く、2年前に特集を開催、好評を博した。その後も「原さんは元気か」「どこに暮らしているのか」といった質問が来館者から頻繁に寄せられていたといい、「映画ファンの間では一種の伝説になっていた」と馬場さんは話す。

 同館は現在、特別展「鎌倉の映画人―監督小津安二郎と俳優笠智衆」を開催中で12月11日(金)から13日(日)まで、原さんが出演する『東京物語』が上映される。チケットの残数が少なくなっているため、来館の際は事前に同館(【電話】0467・23・2500)へ確認を。

追悼絵画展を開催

 また、画家の植木金矢さん(市内在住・94歳)による「原節子追悼展」が12月7日(月)まで、植木金矢記念館(大町3の3の25)で開催される。午前10時から午後4時まで。

 植木さんは1950年に挿絵画家としてデビューし、少年雑誌などで活躍。その後独学で日本画を学び、オリジナルの映画ポスターや「伊豆の踊子」をテーマにした日本画などを制作。鎌倉を中心に各地で個展を開催している。

 今年6月には、原節子さんの95歳の誕生日に合わせ、関連する映画宣伝ポスターや劇中の1シーンを描いた作品を集めた展示会を開いていた。今回は逝去の知らせを受け、急遽開催することに決めたといい、10年ほど前から描きためた作品約35点を展示する。

 植木さんは「これまで昭和の名女優を描いてきたが、原さんは別格。神秘性のようなものがあって、そこを表現した。各地で追悼の催しが行われているが、絵は珍しいと思うので、多くの人に見ていただければ」と話している。なお、植木さんは7日(月)に在館予定。

 問い合わせは同館主の堀内さん【携帯電話】090・9648・0052へ。

植木金矢記念館
植木金矢記念館

鎌倉版のトップニュース最新6

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」 文化

過去に俵万智さんら受賞

5月6日号

3年ぶりに通常開催

大船まつり

3年ぶりに通常開催 文化

名物の「仮装」はなし

5月6日号

子ども大学が10周年

子ども大学が10周年 教育

研究者や地元企業が講師

4月29日号

増える自習スペース

増える自習スペース 社会

腰越、大船開設で2→4に

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook