鎌倉版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む 中田 由美子さん 常盤在住

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

押し花への愛、作品に込め

 ○…押し花にレースや切手などを組み合わせた「ブリコラージュ」と呼ばれるスタイルの作品を中心に発表。今年は6月に県押花芸術展でグランプリを受賞、専門誌での特集と表紙への採用など充実した1年となった。中学校での指導やボランティア講習にも力を入れており、26日には深沢学習センターでクリスマスカード作りを指導する。「本に挟んで押した経験がある方も多いはず。暮らしに彩りを添えてくれるお花の美しさや作品づくりの楽しさを知ってもらいたい」と意欲的だ。

 ○…札幌出身。23年前に鎌倉へ転居した。「結婚後は夫の転勤が多く、趣味もなかった。見知らぬ土地で頑張れたのは、息子たちがいたから」と振り返る。次男の幼稚園入園を機に自分の時間を持てるようになったことから、アロマやハーブなど、元々好きだった花に関する講座に参加するように。なかでも「続けたい」と意欲が沸いたのが、作品の美しさに惹かれた押し花だった。

 ○…創作を始めて24年目。作品からは、自身のおっとりと優しい雰囲気がにじみ出る。「コンテストのために奇をてらった作品を作った時期もあったけれど、今は長い間眺めていたくなる、自分が好きなスタイルばかり。作品を見ただけで私のものと分かったと言われるようにもなりました」とほほ笑む。

 ○…花を挟んだ紙を開く瞬間も楽しみの一つ。時には作家仲間の庭や山で3年分を採集し、まとめて押すこともある。生花店で見つけた新品種の花から自宅そばの雑草まで、「作品にして」と言われているように心惹かれるという。なるべく花弁を切らず、着色せず、「自然なまま」使うのがこだわり。花本来の美しさを、愛情と共に作品の中に封じ込め、魅力を発信していく。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

河野 翔太さん

はんだ付けコンテスト世界大会に日本代表として出場した

河野 翔太さん

寺分在住 26歳

11月29日号

寺田 しのぶさん

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師

寺田 しのぶさん

藤沢市在住 56歳

11月22日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

11/19家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク