鎌倉版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

鎌倉市 台風対応に2.8億円補正 倒木処理や崩落防止実施へ

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
天園ハイキングコースの倒木(鎌倉市提供/10月24日撮影)
天園ハイキングコースの倒木(鎌倉市提供/10月24日撮影)

 鎌倉市は12月4日に開会する市議会12月定例会に、一般会計を2億9182万1千円増額する補正予算案を提出する。うち約2・8億円を、台風15号・19号による土砂崩落や倒木処理等の費用が占める。

 補正予算案の中で最も多い約1億5千万円を占めるのが、史跡崖地等の崩落復旧や崩落防止工事に関係する事業だ。国指定史跡永福寺跡内の市有地では、台風15号の影響で崖崩れが発生。土砂が二階堂川を塞ぎ、市道が冠水した。一時通行不能となったほか、近隣の建物にも被害が出た。

 市では、「応急復旧はしたが、今後も同様の崖崩れが発生する恐れがあるため、対策を早急に行う」としている。

 このほかにも、朝夷奈切通の復旧(崩落土砂処分等)、鶴岡八幡宮境内や東勝寺跡の崩落防止対策が盛り込まれている。いずれも工期は5〜6カ月程度かかるという。

ハイキングコース年度内に一部再開

 また、倒木や土砂崩れで9月から通行禁止が続いている市内3つのハイキングコースのうち、「天園ハイキングコース」と「葛原岡・大仏ハイキングコース」の崩落対策、倒木等の処理費用として、約1千万円が盛り込まれている。

 市によると、「葛原岡・大仏」は年度内に一部再開できる見込みで、全面開通は6月頃を目指す。「天園」は一部再開が6月頃となる見通しで、全面開通のめどは立っていない。

 残る「祇園山ハイキングコース」については、民有地における土砂崩れがひどく、所有者と対応を検討中という。

総額は10億超

 今回の台風対応では、9〜11月に専決処分による予算措置で約6・8億円が補正されており、既存予算で対応した約0・7億円と合わせると、事業費は約10・3億円にのぼる。

鎌倉版のトップニュース最新6

今泉地区で好評「健康バー」

今泉地区で好評「健康バー」 社会

清水直道さんが開発

9月17日号

大河通じた鎌倉PR開始

大河通じた鎌倉PR開始 経済

Web「観光公式ガイド」で

9月17日号

「銅」伊藤槙紀さん凱旋

パラ卓球

「銅」伊藤槙紀さん凱旋 スポーツ

「パリでもメダル」目指す

9月10日号

司書の採用求め署名提出

司書の採用求め署名提出 文化

市民団体「ととも」が市へ

9月10日号

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示

鎌倉文華館

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示 文化

国宝6点 ARも駆使

9月3日号

42年越しの快挙

七里ガ浜高

42年越しの快挙 教育

吹奏楽部が初の東関東へ

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook