鎌倉版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

稲村ガ崎 スタンプ集めて地元応援 24店参加の「ラリー」開催

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
発起人の河井さん(右下)と協力店のオーナーら
発起人の河井さん(右下)と協力店のオーナーら

 地域の店舗を巡ってスタンプを集め、オリジナルグッズをもらおう――。江ノ電稲村ヶ崎駅周辺でいま、こんな催しが行われている。コロナ禍により多くのイベントが中止となるなか、「地元の人にとって、日常の楽しみになるような企画を」と地域住民が企画。売り上げ減少に苦しむ商店や飲食店の応援にもつなげたい考えだ。

 「稲村ヶ崎駅周辺コレクトスタンプ」と題したこの企画は、同駅周辺の24店舗が参加し、9月19日にスタートした。参加店で買い物をするとスタンプがもらえ、48マス(8×6マス)全てを埋めると、オリジナルトートバッグや保冷バッグ、台ふきんがもらえるというものだ。

 バッグのデザインは七里ガ浜の画家・亀山和明さんが手がけ、台ふきんにはサーフボードなどがあしらわれている。

 企画を発案したのは、稲村ヶ崎駅の目の前にある老舗スーパーの跡地を活用したレンタル&コミュニティスペース「IMAICHI」を運営する河井めぐみさん。

 コロナ禍で迎えた今年の夏は、地域の人が楽しみにしている八雲神社の例大祭は神輿渡御も行われず、普段は通りをにぎわせる観光客の姿もほとんどなかった。「まるでゴーストタウンのような状態」だったという。

 「何か1つでも『楽しみ』がほしい」という地元の人の声を聞いた河井さんは一念発起。商店などを巻き込んだスタンプラリーを考案した。

 稲村ガ崎には商店街組織がないため、「1つひとつの店に直接声をかけた」という河井さん。「昔からよく知っているなじみの店だけでなく、初めてお話した店の方も快く協力してくれたことがうれしかった」と話す。

 参加店を「生活・食品」「飲食」「雑貨etc」の3ジャンルに色分けするなど、買い物する店に偏りが出にくいような工夫もした。「スタンプ集めが初めての店に入るきっかけになればうれしい。好評なら、今後も続けたい」と話す。

 開催期間は12月30日(水)まで。参加店などの詳細は、各店に貼られたチラシ、またはIMAICHI【電話】0467・40・4865へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter