鎌倉版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

鎌倉の「海」を描き続ける画家 亀山 和明さん 七里ガ浜在住 59歳

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

日々異なる海の表情描く

 ○…地元鎌倉を中心に、湘南の「海」をテーマにした作品を発表し続けている。由比ヶ浜海岸を臨むデイジーズカフェでの常設展示に加え、10月16日からは江ノ電江ノ島駅そばのギャラリーTで原画展を開催。また、稲村ガ崎で開催中のスタンプラリーの特典となるバッグのデザインも手掛けた。「高尚な手の届かない『芸術』よりも生活の横にある『壁の絵』でありたい」。そんな思いで創作してきた作品が地元の人の生活を飾る。バッグを手にした人からの反応も上々だ。

 ○…愛知県出身。デザイン学校を経て、グラフィックデザイナーの道に進み、自動車メーカーなどの広告デザインを担当。だが、働くうちに自身の信念と異なるものを作るもどかしさを感じ、モチベーションも下がっていった。40歳の時「自分がいいと思うものを作って、ほんの少しでも支持してくれる人がいればいいんじゃないか」と画家への転身を決めた。

 ○…といっても絵を本格的に描くのは約20年ぶり。初心者向けの画材セットを買い、毎日ひたすら練習することから始めたという。題材として「海」を選んだのは「飽きっぽいけれど、自然相手なら長く向き合える」と思ったから。転職前に海を見てリフレッシュできたことも理由の1つ。「今度は自分の作品から安らぎを感じてもらえたら。描き込みを抑えている分、それぞれの感覚で想像してほしい」

 ○…18年前、妻と娘と共に七里ガ浜に転居。「アトリエ代わり」の海での創作を日課とし、3年間1日も欠かさなかったこともある。「野球の素振りのようなもの」と、描き続けた作品は約4300枚に上る。「海の表情は日々違って面白い。自分は目で見たものを描くだけ」とほほを緩めた。

鎌倉版の人物風土記最新6

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

春吉 陽子さん

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する

春吉 陽子さん

山崎在住 41歳

11月6日号

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク