鎌倉版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

由比ヶ浜海岸 砂浜へのスロープ完成 バリアフリー化が前進

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
国道134号沿いの歩道と由比ヶ浜海岸の砂浜、シャワー付き公衆トイレをつなぐスロープ
国道134号沿いの歩道と由比ヶ浜海岸の砂浜、シャワー付き公衆トイレをつなぐスロープ

 国道134号の歩道と由比ヶ浜海岸の砂浜、公衆トイレをつなぐ常設スロープが3月末に完成した。誰もがマリンスポーツに親しむことができる「バリアフリービーチ」の実現を目指した取り組みの一環。

 スロープが完成したのは、鎌倉海浜公園由比ガ浜地区そばで常設の公衆トイレが設置されている場所。県が約1400万円をかけて整備した。

 由比ヶ浜海岸では海水浴場開設に合わせ、16年から鎌倉市と海の家事業者などからなる由比ガ浜茶亭組合が一部の海の家へのスロープ設置や水陸両用車椅子の貸し出しを行うなど、バリアフリー化を進めてきた。19年夏には同組合が約2千万円をかけ、全ての海の家につながる木製の道「ボードウォーク」を設置。さらに障害者サーフィンの世界女王・内田一音さんの「海外のようなスロープやマットが常設のビーチを実現させたい」という呼びかけに応じ、県が歩道から砂浜までのスロープや海へと続くマットの設置なども行った。

今夏も準備中

 コロナ禍を受け、昨夏は開設を断念した市内海水浴場だが、今夏について県、市、組合では「開設に向けて準備を進めている」とする。由比ガ浜茶亭組合の増田元秀組合長は、スロープの完成を受けて「誰でも楽しめる海に、とバリアフリー化に取り組んできたのでうれしい。今年もボードウォーク設置に向けて準備中」と話した。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

西田幾多郎の業績後世に

西田幾多郎の業績後世に 文化

記念歌碑を再設置へ

6月18日号

北園選手が五輪内定

徳洲会体操クラブ

北園選手が五輪内定 スポーツ

逆転で最後の1枠つかむ

6月18日号

観光客数 前年比61%減

観光客数 前年比61%減 経済

1千万人以上少なく 

6月11日号

第3回予約17日から受付

新型コロナワクチン

第3回予約17日から受付 社会

24カ所にサポート会場

6月11日号

80歳以上を優先予約

新型コロナワクチン

80歳以上を優先予約 社会

対象者にハガキを郵送

6月4日号

歩いてアプリで健康管理

歩いてアプリで健康管理 社会

貯めたポイントで景品も

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter