鎌倉版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

おもちゃ病院が開業20年 コロナ下も「診療」再開

文化

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
「関節手術」の真っ最中=御成町・福祉センター
「関節手術」の真っ最中=御成町・福祉センター

 福祉センターの2階奥にひっそりと開院するとある病院――。訪れる患者は、足の折れた「犬」に、窓の割れた「バス」、踊れなくなった「サンタ」たち。「なおせますか」と心配する声に「まずは診てみましょう」と答えるのは、20周年を迎えた「おもちゃ病院かまくら」のドクターだ。

 おもちゃ病院は、その名の通り、壊れたおもちゃを修理する病院で、部品代などの実費のみで原則無料での「治療」をしている。所属するドクターは、経歴もさまざまなボランティアたち。「船の修理をしていたとか、自衛隊でヘリを扱っていたとか、工芸品やおもちゃに詳しい人もいるね」と話すのは、宝飾関係の仕事をしていたという4代目代表の大嶋武志さん(75)だ。

 鎌倉では、1999年に個人の活動として始まり、3年後に会を発足。現在のメンバーは19人。中には20年間続けている80代ドクターも。最近、30代が入会し、平均年齢は「グッと下がって65歳ほど」になったと笑う。

 6月18日、あるドクターが「無事なおった、大手術だったよ」とうれしそうに手にしていたのは、歩いたり鳴いたりする犬のおもちゃ。「遊ぶ時に体重をかけちゃうと足が骨折するんだよ。同じ遊び方をするとまた折れちゃうから、直すだけじゃなくて補強もした」と気配りも欠かさない。

 「壊れ方も分かりやすいものから、中を開けてみないと分からないものまでさまざま。本当の病院の内科、外科のようなもの」と大嶋代表。それぞれ、得意な分野の治療にあたったり、困った時には互いに知恵を出し合ったりと、ドクター自身が楽しんでいることが20年続いた要因の1つと大嶋代表は話す。

 「直れば子ども、親、修理した人もうれしい。喜ぶ顔が直接見えるのもやりがいがある」。その言葉の通り、おもちゃの受け取りに来た親子とドクターの顔には、笑みが浮かんでいた。

年間500件→100件

 例年は、年間400〜500件、開院時間から行列ができるほどだったというが、コロナ下では休院も多く、昨年は短時間で予約制にし、100件にとどまった。

 今年4月、御成町の福祉センター(第1水曜日・第3土曜日)と笛田リサイクルセンター(第4火曜日)での診療を再開したものの、来院者は以前ほどまでは戻っていないという。「まだまだ受付可能です。大切に直させていただきます」と呼びかける。受付時間は両会場とも、午前10時から午後2時まで。詳細はウェブサイトでも掲載中。(問)大嶋代表【携帯電話】090・8885・1119

鎌倉版のトップニュース最新6

絵だけで楽しむ鎌倉絵本

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 教育

市民が企画・制作

8月12日号

「私が市長になったら」

「私が市長になったら」 教育

小学生が一日体験

8月12日号

あの公園の名は?

あの公園の名は? 社会

市内170カ所が生物名

8月5日号

「校舎はUD化しますか」

「校舎はUD化しますか」 教育

小中学生が市政質す

8月5日号

大倉幕府跡で発掘見学

大倉幕府跡で発掘見学 文化

大河も追い風、250人来場

7月29日号

コロナに負けず市民活動

コロナに負けず市民活動 社会

若者の地域参加拡大

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook