神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年8月25日 エリアトップへ

鎌倉市 フリースクール利用に補助 不登校支援へ県内初、9月〜

教育

公開:2023年8月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
説明する松尾市長
説明する松尾市長

 不登校状態を起因とした孤立を防ぐことを目的に、鎌倉市は9月1日から、児童・生徒がフリースクールやフリースぺースを利用する際の経費の一部を補助する。市によると、フリースクールの補助金制度導入は県内で初めて。補助額は利用料の3分の1とし、1カ月あたりの上限は1万円。

 不登校の児童・生徒が増加傾向にあるのを背景に、市は居場所の確保に向けた支援を検討してきた。補助金制度の導入を発表した8月1日の定例会見で、松尾崇市長は「不登校になる理由はさまざま。それぞれに合った居場所を見つけてほしい」と思いを述べた。

 市が9月からスタートさせる「鎌倉市フリースクール等利用児童生徒支援補助金」の対象は、市内在住の小学生・中学生・高校生の保護者。1人あたりの補助金額は、1カ月につき利用料などの3分の1の額とし、1万円を上限とする。国の調査では、利用料の月額平均は3万3000円ほどとされている。児童・生徒が通うフリースクールは、市内の施設に限らない。

小・中・高校生推定で360人

 市によると、不登校状態にある児童・生徒数は2021年度に市立小学校で114人、市立中学校で173人、さらに高校生などを含めると推定で350〜360人。そのうち、今年度の制度利用は50人ほどを見込み、予算規模は600万円。

 1日から受付を開始。今年度分については、10月31日までの申請に限り、4月分から受給することができる。申請方法は、市ホームぺージから申請書をダウンロードし申し込みを。申請書は、市青少年課窓口などでも受け取ることができる。

 問い合わせは市青少年課【電話】0467・61・3886。

鎌倉版のトップニュース最新6

カマクラ夜市に外国人屋台

カマクラ夜市に外国人屋台

月1回出店で地域交流

5月17日

柳澤さんが世界選手権へ

柳澤さんが世界選手権へ

ヨット2人乗りで出場権

5月17日

旧鎌倉図書館の維持・公開を

3月に国登録有形文化財

旧鎌倉図書館の維持・公開を

市民団体が市長へ要望書

5月10日

住宅地に自転車貸出拠点

住宅地に自転車貸出拠点

交通空白地帯の外出促進へ

5月10日

5年ぶり市民カーニバル

5年ぶり市民カーニバル

26日 仮装パレード参加募集

5月3日

5日は小学生運賃「無料」

湘南モノレール

5日は小学生運賃「無料」

乗車5億人を記念し

5月3日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook