神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

カマクラ夜市に外国人屋台 月1回出店で地域交流

経済

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
南アフリカの郷土料理を販売するマッケンジーさん(右)=11日
南アフリカの郷土料理を販売するマッケンジーさん(右)=11日

 小町通りの商業施設・アイザ鎌倉の広場で、飲食や買い物が楽しめる「カマクラ夜市」が3月から毎週土曜に開催されている。小町珈琲(アイザ1階)の谷口義明さんが「ビルを盛り上げたい」と発案し、現在は屋台4店舗が軒を連ねる。5月11日には、南アフリカ出身で雪ノ下在住のマッケンジー・カイルさん(35)が出店に初挑戦。郷土料理のソーセージを販売し、地域住民との交流を図った。

 マッケンジーさんが夜市で販売したのは、南アフリカ名物のソーセージ「ブルボス」。作り方やスパイスの調合など家庭ごとに秘伝のレシピがあり、マッケンジーさんは「我が家の味を知ってもらえるのがうれしい」と胸を弾ませる。

語学講師が橋渡し

 マッケンジーさんと夜市をつないだのは、市内で語学学校の講師を務める樋口佳奈子さん。日本に暮らす外国人と接する中で、新型コロナの流行により、地域コミュニティに参加しづらい状況を目の当たりにしていた。夜市を企画する谷口さんに相談し、樋口さんとつながりのある外国人たちが月1回の頻度で出店することが決定。樋口さんは、「私自身も海外で暮らしていた時に、現地の人にたくさん助けてもらった。食は交流の入り口になる」と期待を寄せる。

 マッケンジーさんは、来日9年目。普段はデジタルマーケティングの仕事に従事しているが、屋台の出店に初挑戦。妻のあかりさん(32)は、「普段の会話では私が間に入るけれど、食はダイレクトにつながることができる」と話し、地元住民との交流を喜んだ。

 カマクラ夜市は、9月末までの毎週土曜午後5時〜9時に開催。入場無料でペット同伴可。6月22日(土)には、オランダ人のグループが同国とノルウェー料理を販売する。

出店者も募集中

 カマクラ夜市では、飲食や物販の出店者を募集中。自信作を披露したい人など誰でも出店でき、1回限りの試し出店も可。(問)谷口さん【電話】0467・33・5276

鎌倉版のトップニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

認知症カフェを定期開催

認知症カフェを定期開催

今泉台 理解広める場に

5月31日

学生団体が企業と協定

学生団体が企業と協定

熱中症予防で連携へ

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook