茅ヶ崎版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

スタンドアップパドルのジュニア大会を初企画した 吉田 太(ふとし)さん 中海岸在住 50歳

次世代想う”ウォーターマン”

 ○…サーフボードの上に立ち、パドルを漕いで波に乗る「スタンドアップパドル」(SUP)。2024年パリ五輪の正式種目にも候補として挙がる競技の、ジュニア向けレース大会を初企画した。SUPのみならず、釣りと組み合わせた「SUPフィッシング」のインストラクターも務め、マリンスポーツ普及に尽力。「次世代の育成につなげたい」と思いを語る。

 ○…広島の海沿いの街で生まれた。物心ついたときから遊び場はいつも「自然」。友達を引き連れて山でみかんを投げ合ったり、正月にも海に入ったりするような活発な少年だった。高校卒業後に大阪の半導体の会社へ営業職として就職。暇を見つけては釣りや水上スキーなどさまざまなマリンスポーツに勤しむ毎日。40歳のころ転勤を機に茅ヶ崎へ移住し、サーフショップでSUPと出会った。体験教室などを主宰するうちにその魅力にのめり込み、今年6月に会社を退職。この道に専念することとなった。

 ○…妻と中学1年の息子の3人家族。息子と毎日のように海に繰り出し、波や風のコンディションによってSUPやサーフィン、釣りなど海の楽しみ方を変えている。「息子に競技者を強制するつもりはない。ただ自分のように海を好きになってくれれば」

 ○…「茅ヶ崎の海の恵まれた環境を活かして、若い世代にマリンスポーツを広めたい」。SUPはサーフィンなどに比べて難易度が低く、マリンスポーツの入門編として最適だと考えた。子ども向けの無料の体験会や海でのマナーの呼びかけを行いながら大会に臨む。「海のあらゆる遊びに精通していて、海でのマナーもわきまえた人を”ウォーターマン”と言います。そんな人がもっと増えてくれたら」と小麦色の肌に白い歯をのぞかせた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

井出 香織さん

「GENKIプロジェクト」の代表で、鶴が台フェスティバルを企画した

井出 香織さん

9月21日号

杉下 正樹さん

9月15日のPACIFIC BEACH FESTIVALを企画した

杉下 正樹さん

9月7日号

藤沢 佳文さん

茅ヶ崎、藤沢、寒川を管轄する藤沢税務署長に就任した

藤沢 佳文さん

8月31日号

藤川 悠(はるか)さん

茅ヶ崎市美術館「あそび展」を企画した学芸員

藤川 悠(はるか)さん

8月24日号

新井 春雄さん

海外登山で11峰に登頂してきた

新井 春雄さん

8月10日号

石井 満夫さん

船長として渡船えぼし丸に乗る

石井 満夫さん

8月3日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲーム効果で若年層の来館増

ゲーム効果で若年層の来館増

国木田独歩の半生を辿る 9月30日まで

4月14日~9月30日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク