平塚版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

平成元年生まれの大型遊具が引退… 白鳥幼稚園 「心からありがとう、海賊船」

海賊船と一緒に園児たちが記念撮影した
海賊船と一緒に園児たちが記念撮影した

 河内にある白鳥幼稚園(渥美直美園長/河内399)には、園庭に大型遊具「海賊船」がある。平成元年に造られて以来30年にわたり子供たちの成長を見守ってきた。しかし、老朽化に伴い昨年度をもって引退。新たな遊具の設置が現在進められている。本紙では海賊船の設置当時を知る卒園生を取材、思い出話を語ってもらった。

 渥美麗さん(34)は平成2年度卒園生。年中の時に海賊船が園庭に設置された。それまでは「内向的で友達付き合いも苦手。幼稚園に行くことがあまり好きではなかった」が「海賊船ができてからはそれで遊ぶのが楽しくて、楽しくて」毎朝の登園が楽しみになった。

 園児だった渥美さんにとって海賊船は「圧倒的な大きさで、園庭がまるで遊園地に思えました」。当時、朝の自由時間や昼食後の休み時間になると海賊船の前には長蛇の列ができた。「我先にと、私も毎日駆け足でその列に並びましたね」

園児の安全第一

 内向的だった渥美さんだが、色々な友達と海賊船を楽しんだり、海賊船を使った遊びを皆で考えたりするなかで、「いつの間にか社交的というか、自分の意見を人に伝えられるようになったり、友達や先生と上手に付き合えるようになりました」。

 渥美さんにとって海賊船は「さまざまな学びの機会を与えてくれた、私を成長させてくれた大切な存在」だ。昨年10月、海賊船の引退を耳にした時、幼稚園に連絡をして、遊具の入れ替えではなく、リフォームを熱望したほど。「本当に本当に引退はさびしいですが、園児の安全第一ですから、仕方ないことだ、と自分に言い聞かせています」

 海賊船へ一言をお願いすると、渥美さんは「純粋に今までありがとうございましたと伝えたいです」と頭を下げた。

 今年4月に完成する新・大型遊具については「私が成長させてもらったように、在園児のみなさん、来年以降に入園するみなさんには、新しい遊具で思い切り遊んで、たくさんの学びと思い出を得てもらいたいですね」と語った渥美さん。

 毎年、卒園生に配られる卒園アルバムには海賊船に乗った卒園生の集合写真が掲載されてきた。「これからもずっと海賊船を忘れません」。渥美さんは笑顔で語った。

白鳥幼稚園

平塚市河内399

TEL:0463-32-7875

http://kindergarten.hiratuka.hakuchou.info/

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

医療施設併設で安心、快適な暮らし

レジデンスあじさいの丘・あじさいの丘II サービス付き高齢者向け住宅

医療施設併設で安心、快適な暮らし

5月16日号

次の100年へ地域と共に歩み進める

学生服トキワヤ

次の100年へ地域と共に歩み進める

5月1日号

民法改正で変わる「相続」我が家の場合の影響を考える

もめないための遺言と遺産分割 無料セミナー

民法改正で変わる「相続」我が家の場合の影響を考える

5月1日号

令和の時代に望むのは

新時代へ向かうリモクラス

通信制高等学校 サポート校

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク