平塚版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

初代からの伝統守る 清水屋太鼓店

文化

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
太鼓を修理する岡田さん
太鼓を修理する岡田さん

 戦後、大磯町出身で浅草の太鼓店で奉公していた祖父が伊勢原で「清水屋太鼓店」を創業。昭和50年頃に平塚へ移転した。3代目の岡田有弘さん(43)は16年前から店を手伝うようになり、5年前から一人で店を切り盛りしている。太鼓づくりの手法について岡田さんは「なるべく変化しないようにしている。初代から変わっていないと思う」と話す。

 同店の太鼓は地域の祭りで使われることが多い。平塚市近辺の地域は「山車が多く、高音の太鼓が多い」という。高音を出すためにはきつく皮を張る必要がある。そのため「皮が切れない限界を見極める」時が技量の見せ所だ。「手を抜くと音に表れる」と常に緊張感を持ち、太鼓作りに向き合っている。

 まず牛皮を円状にカットし、塩漬けに。その後、水と一緒に余分な脂や汚れを落とし、縫いこんだり乾かしたりして太鼓に貼り付ける。皮の張り加減を見極めながらの仕事は経験値がものをいい、熟練の技が輝く。初代からの手法を守り継いでいる。

 ひらつか匠の店に選ばれ「恐れ多いがありがたい。老舗の職人に比べればまだ若年者だが、名前に恥じないようにしたい」と話した。

■清水屋太鼓店/大神1643の11/【電話】0463・55・1275

平塚版のローカルニュース最新6

七福神めぐりパンフ改定

【Web限定記事】平塚市観光協会

七福神めぐりパンフ改定 文化

まち歩きのお供に

1月21日号

「地どれ魚直売会」中止

【Web限定記事】平塚市漁業協同組合

「地どれ魚直売会」中止 文化

1月21日号

海感じる個展開催

市内在住大和田さん

海感じる個展開催 文化

茅ヶ崎で2月7日まで

1月21日号

ホームで鳥栖戦

ベルマーレ開幕戦

ホームで鳥栖戦 スポーツ

1月21日号

「りゅうごんさん」に大漁願う

【Web限定記事】

「りゅうごんさん」に大漁願う 文化

漁業関係者ら参加

1月21日号

再び無観客開催へ

【Web限定記事】平塚競輪場

再び無観客開催へ スポーツ

コロナ感染拡大受け

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク