大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

大磯に「旅するチョウ」 群馬で個体識別のアサギマダラ

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
イヌショウマの花の蜜を吸うアサギマダラ。羽にマーキングがある=熊澤誠子さん撮影
イヌショウマの花の蜜を吸うアサギマダラ。羽にマーキングがある=熊澤誠子さん撮影

 渡り鳥のように長距離を移動するチョウ「アサギマダラ」が、大磯町の高麗山で10月に確認された。個体を識別する番号や場所、日付けなどを羽に記したマーキングがあり、群馬県の農園から飛来したことが分かった。

 「マーキングされたアサギマダラが神奈川県内で見つかることは珍しい。貴重な記録になる」。40年以上にわたり国内外のチョウを研究している、元小学校教諭の上村文次さん=藤沢市=はそう話す。上村さんのチョウ観察会のメンバーで、大磯町に住む熊澤誠子さんが10月10日午前9時半ごろ、写真を撮影した。友人たちと高麗山へ散歩に行き、地獄沢の付近で見つけたという。「イヌショウマの花がきれいに咲いていて、そこに止まってくれた。珍しいチョウと出会えてうれしい」と熊澤さん。

 個体には「カミゴウ mi 9・27  534」とマーキングが入っていた。「昆虫の森」でボランティアをしている群馬県中之条町の一場光次さんが、東吾妻町の上郷農園のフジバカマ畑で9月27日に放したチョウであることが判明。大磯まで直線距離にして約148Kmを13日かけて移動したことになる。「大磯町で確認されたことは不思議。これまでマーキングした個体は南西方向で見つかったのがほとんど。大磯町のある南東の方角で確認されたのは初めて」と一場さんは驚く。11月2日に1245Km離れた鹿児島県奄美大島で別の個体を確認したという報告もあったという。

 アサギマダラは、夏は群馬県や長野県など本州の高原地帯に生息。秋になると温暖な九州や沖縄へ移り、越冬する。マーキング調査で個体を再捕獲した情報を共有することで、アサギマダラの移動範囲やルートなどその生態を詳しく知ることにつながるという。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

PCR検査に役立てて

PCR検査に役立てて 社会

湘南マツダが車両を無償貸与

8月7日号

二宮PRへご当地マスク

商工会女性部

二宮PRへご当地マスク 社会

湘南オリーブの葉で染色

8月7日号

防災無線 スマホへ転送

防災無線 スマホへ転送 社会

中井町がアプリ提供

7月31日号

第4の観光都市めざす

第4の観光都市めざす 経済

大磯町 東武グループと協定

7月31日号

伝統の祭 疫病退散祈る

二宮八坂神社

伝統の祭 疫病退散祈る 文化

「密」避け、車で神輿渡御

7月24日号

事業者に最大20万円

新型コロナ対策

事業者に最大20万円 経済

大磯町 独自の給付金制度

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が実技指導も

専門家が実技指導も

大磯城山公園のバラ講座

8月30日~8月30日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク