大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める 山崎 貴裕さん 二宮町中里在住 25歳

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena

チャレンジは全力全開

 ○…「新型コロナを吹き飛ばしてみなさんに元気と希望を届けられるよう頑張ります」。花束を手に、記念撮影で拳を掲げた。二宮町生涯学習センターラディアンで行われた聖火リレートーチの展示と激励会。村田邦子町長や「東大跡パラスポーツの会」の仲間などから応援とお祝いのメッセージを受けた。同会の城所克嘉代表は「会の目的と五輪の理念は同じ。障害のある人もない人もともに生きる社会を築いていくこと。二宮町を代表する期待の星として走ってほしい」と話す。

 ○…聖火ランナーの応募に「生まれながらに障がいがありますが、県障がい者スポーツ大会の車椅子100m走、ソフトボール投げを毎回楽しみに参加しています」とアピール。祖父から1964年東京大会の開会式を見たという話を聞き、自分も五輪に関わりたいと挑戦する意欲が湧いた。同町は聖火リレーの経路に入らなかったが、「住んでいる湘南(大磯町)を走れるのは、すごく嬉しい」と胸を躍らせる。

 ○…陸上競技は観るのもやるのも好き。小学生のころから学級リレーで運動能力を開花させた。車椅子でも全力疾走。10代後半からは県の障害者スポーツ大会に出場し、5年間で金・銀・銅合わせて10個のメダルを獲得した。「腕の筋力をつけるために肩回りや重心を鍛えるトレーニングもします」。アスリートとしてのこだわりと熱意は周囲も認めるところだ。

 ○…高速ランナーだけに「練習や県大会と違って聖火リレーはゆっくり走らないといけない。それが不安でちょっとプレッシャーを感じる」と打ち明ける。「でも、笑顔で走るのは大丈夫。任せてください」。若者らしい頼もしさで、家族や同会、作業所の人たちの支えが「僕の力になっている」と感謝する。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山中 紀幸さん

大磯きこりラボラトリーの代表を務める

山中 紀幸さん

大磯町大磯在住 44歳

6月18日号

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

平塚市在住 55歳

6月11日号

山崎 貴裕さん

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める

山崎 貴裕さん

二宮町中里在住 25歳

6月4日号

久保 徹さん

平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を所管する県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

5月28日号

後藤 恵一さん

聖火リレーのランナーとして大磯区間を走る

後藤 恵一さん

大磯町国府新宿在住 62歳

5月21日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯のアオバト描く

大磯のアオバト描く

日本画家・前田さん個展

6月11日~7月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter