大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

アプリで災害・生活情報 大磯町で関東初導入

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
情報を手軽に受信・閲覧できる
情報を手軽に受信・閲覧できる

 災害時や平時に役立つ情報をスマートフォンなどで受信・閲覧できる無料アプリ「おおいそ防災・行政ナビ」の導入が、4月1日から大磯町で始まる。町ではこれに合わせて町内の自治会や指定避難所などにアプリの入ったタブレット端末を順次配布して、均一的な情報提供の充実を図る。アプリとタブレットの両方を導入するのは関東の自治体では初。

 アプリでは防災行政無線の内容を文字と音声で確認できるほか、発令された気象警報やJアラートの情報も即時受信できる。また現在地周辺の避難所の位置や開設状況、AEDの設置場所などを地図上で確認でき、ハザードマップや広報おおいそ、ごみ収集カレンダーも閲覧可能。町担当課は「町の防災に必要な機能の追加はもちろん、知っておくと役立つような魅力あるコンテンツを随時配信していく予定」と話す。アプリの導入は各アプリストアから「ライフビジョン」で検索。

「大磯にマッチ」

 同町では「防災行政無線が聞き取りづらい」という声に対し、これまで登録制メールやツイッターなどで放送内容を発信してきたが、一部の利用に限られていた。また県から津波災害の可能性を指摘されていることから、町民に迅速・確実に情報を伝える必要もあった。こうした背景から町は防災行政無線戸別受信機やFM放送など様々な情報伝達システムを検討し実証実験を行ってきたが、谷戸が多く電波が行き渡りづらいという大磯特有の地形や費用の問題に阻まれ、いずれも実現しなかった。そうしたなか消防庁の検証資料から、携帯電話網を利用したシステムに着目。「町の求める内容とマッチした」ことから、国・県の補助金も活用して導入を決めた。同様のシステムは熊本県菊池市など西日本での導入例が多い。

公的施設に端末配布

 タブレット端末は町有施設や教育施設、指定避難所、町内の全自治会などに100台を配布予定。また重度聴覚障がい者や、防災行政無線の聞きとりづらい地区をモデルに設定し、スマートフォンを所持していない世帯に貸与することで、タブレットの有用性についても検証する計画だ。

 災害時に避難所になる場所のタブレットには、避難所の状況を町へ報告できる機能があり、町は災害対策本部のモニターでそれらの情報を一元管理して災害対応に役立てることができる。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

手作り防護具300個寄付

手作り防護具300個寄付 社会

大磯のタクシー乗務員

6月5日号

今夏の開設中止

大磯海水浴場

今夏の開設中止 社会

県コロナ対策指針で断念

6月5日号

同世代に届け エール

中高生応援動画サイト

同世代に届け エール 社会

中学生社長が制作

5月29日号

オンライン学習後押し

オンライン学習後押し 教育

有志がスキル支援呼びかけ

5月29日号

水害へ自助強化

水害へ自助強化 社会

二宮町ハザードマップ改訂

5月22日号

海水求め飛来

海水求め飛来 社会

大磯 町の鳥「アオバト」

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

    5月29日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク