大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

中井のボトル天然水発売 町と地元企業が連携

経済

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
共同記者発表を行った小川社長(左)と杉山町長
共同記者発表を行った小川社長(左)と杉山町長

 ミネラル豊富な中井町の地下水を活用したペットボトル入りウォーター「丹沢の山々をのぞむ まろやか天然水」を、コーヒー・茶類の通信販売会社ブルックスが開発した。同社と町によるコラボレーション商品。4月28日から発売し、町のPRにも一役買う。

 ボトル水の商品化は、地域活性化を目的に2018年4月に町と同社が締結した包括連携協定の取り組みの一環。町の地域資源と、町内に工場や物流拠点などを構えるブルックスのネットワークとノウハウを生かした。

 3月16日に中井町役場で商品発表があり、杉山祐一町長と同社の小川裕子代表取締役社長が共同記者会見を行った。杉山町長は「商品化を契機に中井町をより多くの人に知ってもらうことで、交流人口の拡大や地域振興に一層はずみがつく」と期待を寄せた。

 「清らかな水との出会いが、28年前の中井町進出のきっかけ」。小川社長は「ボトル天然水は中井町と弊社の歴史を物語る品。おいしさに触れた人が中井の魅力に気付き、健康的な生活を楽しんでほしい」と話した。

まろやかさ特徴

 地下水100%の水道水を供給する同町の水は「安くておいしい」と評判が高い。落葉樹が繁る丘陵地が、地下に水を蓄える。日本の水の多くは軟水だが、ミネラルをバランスよく含んだ中井の水は中硬水。欧州の硬水よりも味がまろやかなのが特徴で、コーヒーや日本茶、料理との相性も良いという。ブルックスのバリスタの金度勲(キムドフン)さんは「コーヒー豆それぞれの特徴が引き立つ水。コーヒーをよりおいしく味わえる」と話す。

 商品パッケージには、町の代表的なイベント「竹灯篭の夕べ」をイメージしたデザインを取り入れた。竹灯篭からこぼれる幻想的な明かりの揺らめきと、中井町の豊かな自然を表現。湧水地であるイベント会場の厳島湿生公園の写真や町の紹介文も入っている。

 まろやか天然水は1本500ml129円(税込)。24本2592円(同)。町内にあるブルックス店舗、同社が運営する「未病バレービオトピア」(大井町)、通販サイト「森の頂きマルシェ」で販売する。

「丹沢の山々をのぞむ まろやか天然水」
「丹沢の山々をのぞむ まろやか天然水」

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

3町632人の門出祝う

3町632人の門出祝う 社会

新成人実行委の企画も

1月7日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

集大成の年に問う

新春町長インタビュー

集大成の年に問う 政治

2022年の大磯・二宮・中井

1月1日号

大磯の虎御前を訪ねる

大磯の虎御前を訪ねる 文化

ゆかりの地 延台寺など

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook