足柄版 掲載号:2016年1月30日号 エリアトップへ

あしがらクラシックカークラブ代表として大井町産業まつりに出展した 山崎 憲一さん 松田町松田惣領在住 67歳

掲載号:2016年1月30日号

  • LINE
  • hatena

クルマで繋ぐ、人と地域

 ○…1月17日に開催された「大井町産業まつり」の会場に32台のクラシックカーが並んだ。親子連れから年配者まで多くの人が、クルマの前で記念写真を撮る。「こんなに多くの人が観に来てくれるとは思わなかった」と予想以上の人出に声が弾む。走らせればすれ違う人たちを笑顔にさせた愛車は、真っ白なボディに愛くるしくも厳格な”顔つき”で見物客を迎えた。「私たち個人で楽しむのではなく、大勢の方と楽しみを分かち合いたい」その一心で今回初めて町主催のイベントに参加した。

 ○…昭和のクルマ好きが集まり、愛車を囲みながら雑談、整備をしていたが、回を重ねる毎に仲間が増えていった。「初対面でも、同じ趣味を持っていれば打ち解けるのに時間はかからない」と、気づけば32人。2カ月に1度、山北の丹沢湖や箱根の大観山に車を走らせるようになった。知人から「自動車学校のイベントに参加しないか」と声をかけられたことがきっかけで会を設立。「この地域に住んでいるからこそ”あしがら”は入れたい」と、2015年11月1日に正式に「あしがらクラシックカークラブ」と命名し、設立した。

 ○…山北町川西生まれ。父親の「スバル360」を借りて乗っていた10代の頃、オートバイや車に夢中になった。20歳で就職し機器メーカーで社内の消防組織に入った。「こんな仕事もあるんだ」と、25歳で足柄消防組合で消防士の道に進み、定年まで足柄上地域の消防士として勤めた。趣味は乗り物だけでなく、スポーツならテニス、家庭菜園は100坪の畑を借り、季節ごとに野菜を育てる。

 ○…小学1年生と3歳の孫がいる。絵が得意な孫が描いてくれた「おじいちゃん」の似顔絵は、手離せない”宝物”だ。「クルマを通して地域の活性化につなげたい」。産業まつりで見物者との交流を経て目標を見出す。「こんな車もあったんだと知ってもらうために、展示を続けていきたい」

足柄版の人物風土記最新6

瀧本 正一さん

南足柄市消防団の団長に就任した

瀧本 正一さん

南足柄市塚原在住 60歳

5月21日号

山室 徹さん

松田町自然館の館長に就任した

山室 徹さん

小田原市在住 73歳

5月14日号

浜田 俊之さん

山北町立山北診療所長兼医師を務める

浜田 俊之さん

山北町在住 61歳

5月7日号

矢藤 慎一さん

立花学園高等学校の学校長に就任した

矢藤 慎一さん

南足柄市在住 55歳

4月30日号

荒井 範郎さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月23日号

根本 秀嗣さん

NPO法人仂(ろく)の代表理事

根本 秀嗣さん

松田町寄在住 47歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小田原駅前で開幕イベント

ベルマーレフットサル

小田原駅前で開幕イベント

5月22日~5月22日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook