綾瀬版 掲載号:2017年8月25日号

一般社団法人日本ペット用品工業会の会長に就任した

赤津 功一さん

大上在住 75歳

綾瀬で支える「ペットの未来」

 ○…全国73社のペット用品メーカーが組織する日本ペット用品工業会は、安全・安心で高品質なペット用品の普及を目的とした業界団体。会長職に立候補し、理事会で満場一致で承認された。国内には「ペットフード協会」も存在するが、それぞれが独自の活動を行っているため「同じペット用品を扱う団体同士、協力体制を作りたい」という強い思いが、今回の立候補の背景にある。

 ○…代表取締役会長を務めるトーラス(株)は、ペットのサプリメントや歯磨き・手入れ・しつけ用品を製造する会社。創業時、右肩上がりのペット業界で大手が入りにくい分野に着目した。「使用頻度は少ないが必ず1〜2本は必要なもの」を開発命題にアイデア勝負を続け、今では国内トップクラスのシェアに。国外にも進出し、台湾でも大きなシェアを持つ。「普段使っている製品が綾瀬のものだった。そうやって、自然に綾瀬を知ってもらうきっかけになると嬉しいよね」と地元への思いを語る。

 ○…横浜出身。子どもの頃は六畳一間の間借りで暮らし、中2で市営住宅に。「この時、嬉しくてしょっちゅう友達を家に呼んだ」と笑う。決して裕福とは言えなかった幼少時代が、今の原動力。「将来、自分でビジネスを興そう」という思いを胸に大手外資系企業で経験を積み、齢50を超え独立。趣味らしい趣味も持たず、走り続けてきた。今のささやかな楽しみは、「日本酒と歌を聴くこと」だそうだ。

 ○…「ペットフード協会と共同で『オールペットの展示会』を実現したい」と理想を語る。海外企業に対抗するため、「国内の力を一つにまとめる必要がある」と感じている。また、震災で浮き彫りになった非常時におけるペットのあり方など、考えるべき課題は多い。「人とペットとのあり方は、環境と共に刻々と変わっている。会長なら自分の考えを言える機会も増えるので、あるべき方向性を模索したい」と展望を語った。

関連記事powered by weblio


綾瀬版の人物風土記最新6件

清水 盛雄さん

鎮座400年を迎えた吉岡神明社の総代代表を務める

清水 盛雄さん

9月22日号

野島 誠寛(よしひろ)さん

神奈川県行政書士会 大和・綾瀬支部の支部長に就任し、支部の活性化に取り組む

野島 誠寛(よしひろ)さん

9月8日号

武田 匡央さん

市商工会青年部花火大会の運営委員長を務める

武田 匡央さん

8月4日号

野口 直亮さん

「ネイチャーシップ2017」を実施する綾瀬青年会議所(JC)未来創造委員会の委員長を務める

野口 直亮さん

7月21日号

石渡 真修さん

tvk番組「猫のひたいほどワイド」の火曜レギュラーとして「猫の手も借り隊」レッドを務める

石渡 真修さん

7月7日号

池田 雄一さん

神奈川県社会福祉士会県央支部の支部長に就任した

池田 雄一さん

6月23日号

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク