藤沢版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

プロ野球ドラフト会議宮台投手 日ハムが7位指名「プロで活躍できる選手に」

スポーツ

指名を受け、記者会見する宮台投手
指名を受け、記者会見する宮台投手
 プロ野球ドラフト会議が10月26日に開かれ、湘南高校出身で東京大学の宮台康平投手が、日本ハムから7位指名を受けた。湘南高校出身の選手がドラフトで指名されるのは初めて。「北海道日本ハムファイターズから指名していただきとても嬉しく思います。プロの世界で活躍できるように精一杯がんばります」とコメントした。 

 宮台投手は、最速150キロの直球を武器にする左の本格派で東京六大学野球に38試合登板した。昨年4月の春季リーグでは、早大戦で13奪三振と、70年ぶりに東大記録を更新し、今秋の東京六大学秋季リーグでは15年ぶりの勝ち点獲得に貢献した。通算6勝13敗。3年夏には東大から2人目となる日米大学野球の日本代表に選ばれた。

 宮台投手は指名を受けて記者会見で「指名された選手の中で一番へたくそなので、一日一日を大事にうまくなって、早くプロの舞台で活躍できる選手になりたい」と抱負を語った。

野球と勉強を両立

 宮台投手は、小学生の頃に、父の勧めで横浜の戸塚ホークスで野球を始めた。投打に優れた選手で、湘南高校では外野手と投手の両輪だったが、高校2年生時、エースがケガで離脱したことをきっかけに投手専門になった。3年間、野球と勉強を両立し、東京大学文科一類へ現役で合格。「野球で悔しい思いをしたときは勉強に、勉強に悩んだときは野球に打ち込んできた。気分転換という意味でも両立は良かった」という。

恩師「これからが勝負」

 湘南高校野球部の川村靖監督は、教え子のドラフト指名に「素直に嬉しい。私にも現役の野球部の選手にも、先輩にすばらしい選手がいることは大きなモチベーション。もっと頑張ろうと思える」と喜んでいる。

 川村監督によると、宮台投手は高校時代も130Kmを超える速球が武器のピッチャーだったという。高校生活では、野球と勉強の切り替えが早く、目的意識がはっきりしていて目標に向かって進むタイプ。野球でも勉強でも負けることは嫌いだった。

 指名直後に宮台投手から報告を受けた川村監督は、励ましの言葉とともに「両親に感謝をして、たまには実家に帰れ」と温かいメッセージを贈ったという。「これからが勝負になる。まずは身体をしっかり作り、プロ野球の世界でも、負けず嫌いを発揮して、戦力になれるように頑張ってほしい」と話した。

川村監督
川村監督

藤沢版のトップニュース最新6件

古久家が創業70周年

藤沢のソウルフード

古久家が創業70周年

11月17日号

藤沢工科で初の出前授業

未病学習推進事業

藤沢工科で初の出前授業

11月17日号

湘南慶育病院が開院

ダブルダッチで世界へ

車椅子オストメイト対応に

湘南台駅トイレ

車椅子オストメイト対応に

11月3日号

阿部氏 小選挙区で初勝利

第48回衆議院議員総選挙

阿部氏 小選挙区で初勝利

10月27日号

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク