青葉区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜 「世界最高水準」掲げる

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が12月11日の市会常任委員会で、カジノを含むIRの要件や事業者選定基準をまとめた実施方針案を明らかにした。「世界最高水準のIRを実現し世界から選ばれるデスティネーション(目的地)」を目指す。

 実施方針案は当初、昨年6月に公表予定だったが、新型コロナの影響や国会議員の汚職で国の基本方針案が10月まで示されず、延期されていた。

 実施方針案によると、IRは山下ふ頭に整備し、2020年代後半の開業を予定。民間事業者が設置・運営、費用も負担する。事業期間は35年間で、延長は原則30年。

 国際会議や展示会を開く「MICE施設」はパシフィコ横浜との連携を推進。「宿泊施設」は合計3000室以上を備えることなどが示された。ギャンブル依存症が懸念されるカジノは、広さがIR全体の床面積の3%以下とし、20歳未満の人やファミリー層が利用する主動線から分離されていること、厳格な入退場管理や規制を行うことが明記された。

 「ポストコロナ仕様のIR」も打ち出し、換気設備やソーシャルディスタンスを確保できる施設計画、新しい生活様式への対応やデジタル技術の活用が盛り込まれた。

 常任委員会では議員から、新型コロナでカジノ事業者の状況も不透明だとして計画を疑問視する指摘があった。市は事業者に行った追加のRFC(コンセプト提案募集)に触れ、「営業を再開し黒字になっているという話もあり、投資意欲を持っている事業者はいる」と答弁。また、別の議員からは方針案が出されたのが前日だったとして、「乱暴な進め方。引き続き議論の場が必要」という意見があった。

住民投票の実施審議へ

 IR誘致の賛否を問う住民投票を求める署名活動を展開してきた、市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」。有効署名数は、条例提案に必要な法定数の約3倍の19万3193筆になった。市長に対する直接請求手続きを経て、条例案が20日以内に議会に提出され、住民投票の実施可否が審議される。

 林市長のリコール(解職請求)を求める「一人から始めるリコール運動」の署名活動は12月5日に終了。9万111筆を集めたが、法定数には達しなかった。
 

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

10月14日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第18回「お子さんと天気の”先読み”をしてみましょう」

9月30日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

   「お子さんの視力検査について」 コラム【2】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

9月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook