緑区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

みどり・川と風の会 彩り豊かな景観創出 鶴見川堤防に芝桜植栽

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
芝桜を植栽する同会メンバー
芝桜を植栽する同会メンバー

 鴨居の河川敷を拠点に鶴見川の環境保全活動に取り組む「みどり・川と風の会」(南長治郎代表)は彩り豊かな景観の創出を目的に19日、鶴見川の堤防に芝桜の植栽を行った。南代表は「ピンクの絨毯で鴨居の人気スポットになれば」と期待している。

 ハマロードサポーターとして鴨居駅北口周辺の清掃や美化活動を行うみどり・川と風の会は、令和3年度緑区地域課題チャレンジ提案事業(※)に決まっており、「鴨居・花のプロムナード」事業を行う。同事業は、鶴見川の鴨池橋周辺の堤防に芝桜をはじめとする多種の花を植栽することで、彩り豊かな景観を創出することが目的。同会は周辺を散策する地域住民らにとって鶴見川がより親しみのある場所となると共に、区外から訪れる人々への魅力発信につながることを期待している。

 事業計画では、JR鴨居駅北側を流れる鶴見川にかかる鴨池橋を中心に左右の堤防斜面に芝桜やコスモスのほか、立葵を植栽する予定。

1000株購入

 同会は、事前に雑草の根切や砂利の撤去のほか、東本郷公園で伐採した竹を土留めとして設置していた。植栽を行った19日にはピンク色の芝桜(ポット苗)約1000株を用意。当日は岡田展生緑区長が作業の様子を視察し、同会のメンバーに指導されながら数株植栽していた。

 岡田区長は「このような活動は、多くの人の目の保養になり、気持ちが温かくなるのではないか」と同会メンバーに話した。

ピンクの絨毯に

 相模原市など他地区の芝桜を見学に行ったという南代表は「こうして作業をしていると『何を植えるんですか』などと声を掛けられ、皆さんの関心も高いことが分かる。ピンクの絨毯で鴨居の人気スポットになればと思っている。桜と芝桜の競演が楽しめるようにしたい」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 社会

30日から応募開始

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 コミュニティ文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter