緑区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

恩田川遊水地整備対策協議会 県に早期着工求める 協議会「河川改修は急務」

社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
要望書を手渡す宮田会長(右)
要望書を手渡す宮田会長(右)

 恩田川遊水地整備対策協議会は11日、黒岩祐治県知事宛の恩田川遊水地整備計画に関する要望書を県土整備局長に手渡した。宮田吉秀会長は「地球温暖化の影響で豪雨災害が増加しており、一層の河川改修が急務。早期着工と早期完成をお願いしたい」と訴えた。

 恩田川周辺では1976年と82年、台風により浸水被害が発生。76年は床下浸水549戸、床上浸水233戸の被害をもたらした。

 こうした背景から、県は2007年に「鶴見川水系河川整備計画、鶴見川流域水害対策計画」を策定。小山橋下流から都県境までの約6・5Kmで時間雨量概ね60mmの降雨に対応するよう、河川整備を行う。恩田川遊水地整備については、18年度に県が複数の候補地を抽出し、比較検討を行った。その結果、緑区内の小山町に約3ヘクタール(計画容量約10万㎥)の遊水地整備の計画とし、現在詳細設計が始まっており、事業用地を提供する地権者との交渉が進められている。

 恩田川周辺の西八朔・青砥町・中山・新治町・十日市場町自治会長が署名した要望書を提出した11日には、同協議会の宮田会長をはじめ、篠原敬一事務局長、柳下剛県議会議員も同席。23年度以降に着工し、着工から7〜8年の工期としている工事計画の「早期着工・早期完成」を求める内容となっている。また、遊水地の上部利用についても総合グラウンドや付帯設備としてトイレやミーティングルームなどの整備を求めた。さらに、防犯対策として照明やライブカメラの設置、周辺農道の整備や地盤沈下対策、水田の漏水対策などが盛り込まれていた。

「地元住民の要望」

 宮田会長は「地球温暖化による豪雨災害が多くなっている状況からして計画の重要性はよく理解している。早期完成は地元の要望ということもあり、協議会としてこれらの要望を取り入れて頂ければ、事業に協力をしていきたいと考えている」と要望。それに対し県の担当者は「遊水地整備は県内でいくつか計画しているが、小山町の計画はほかにもないスピード感で進んでいる。今後も上部利用や防犯対策などについては今回頂いた要望をしっかり受け止め、設計にいかしていきたい」と回答した。
 

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook