瀬谷区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

隼人高、関東で上位目指す 女子バレーと相撲、出場決める

スポーツ

持ち前のコンビバレーで、1回戦で敗退した昨年以上の成績を目指す
持ち前のコンビバレーで、1回戦で敗退した昨年以上の成績を目指す

 横浜隼人高校の女子バレー部(佐藤喜一郎監督)と相撲部の森俊介君(2年)が、それぞれ2年連続の関東大会出場を決めた。

 女子バレー部は5月8日に緑区の霧が丘高校で行われた関東大会県予選でベスト8入りが決定し、2年連続7回目の関東大会出場を決めた。

 同大会は6月3日から3日間、千葉県で開催される。主将の光冨友理さん(3年)は「平均身長がずば抜けて高いわけではないので、コンビネーションで勝ちを狙いたい。序盤でリードして勢いに乗っていければ」と話した。

 佐藤監督は「序盤に点を取られると崩れてしまうことが多いので、メンタル面を強化したい。関東大会の後にもインターハイなどの大会が続くので良い形で次に繋げられるようにしたい」と話した。

得意技は右下手投げ

 相撲部の森君は4月29日に川崎市の富士見公園で行われた関東大会県予選の軽量級部門で優勝し、2年連続の関東大会出場を決めた。昨年の関東大会では手首を痛めて1回戦で敗退。大会前は校内に土俵を持つ他の高校へ出稽古に行き、スピードと技を磨いた。

 「体重は軽いけど、素早く動いて相手のバランスを崩し、得意の右下手投げで勝ちたい」と意気込みを語った。

 また10月に山口県で行われる国体出場を目標に掲げ、「関東大会やインターハイなどで上位入賞した時に付くポイントを着実に積み重ねて、国体に出場したい」とし、「相撲が身体の大きい人だけの競技ではないというところを見せたい」と話した。
 

持ち前の速さで優勝狙う
持ち前の速さで優勝狙う

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク