瀬谷区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

横浜市立校 4割が土砂災害警戒区域 避難計画は作成済み

社会

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市立学校の約4割が土砂災害警戒区域に立地することが市教育委員会への取材で分かった。文部科学省が6月に公表した「浸水想定区域・土砂災害警戒区域に立地する学校に関する調査」の結果を受けたもの。

 この調査は、近年の気候変動に伴う水害・土砂災害の激甚化などで学校においても被害が発生していることを踏まえて実施された(調査は2020年10月時点)。調査項目は、全国の同区域内の学校数や避難確保計画の作成状況、避難訓練の実施状況など。

 横浜市によると、洪水・雨水出水・高潮などの浸水想定区域内の市立学校は、全508校中90校(17・7%)。急傾斜地の崩壊・土石流・地滑りなどの土砂災害警戒区域に立地するのは207校(40・7%)に上る。神奈川県全体の土砂災害警戒区域内の公立校のうち、約半数が横浜市内の学校だ。

対象訓練、全校実施へ

 全国調査では、浸水想定区域の学校および、土砂災害警戒区域の学校のうち、避難確保計画を作成しているのはそれぞれ85・1%、79%。一方、市立校では、21年3月時点ですべて作成済みだという。また、避難確保計画に基づく避難訓練を実施しているのは、全国の浸水想定区域の学校で71・9%、土砂災害警戒区域の学校で67・6%とおよそ7割にとどまっているが、市立校では浸水想定区域で94・4%、土砂災害警戒区域で99・5%という水準にあり、「未実施校も計画は作成済みで、今年度から訓練を行う予定」とする。

 体育館の一部が土砂災害警戒区域である市立さつきが丘小学校(青葉区)では、横浜市防災教育の指針等に沿った具体的な取り組みを行う学校安全教育推進校に手を挙げ、通常の防災訓練とは別に土砂災害発生時の避難基準を設けた。金子博美校長は「災害通知アプリなど外部からの情報を把握し、現場の教師が雨量などに危機意識を持つことが大切」と話す。

 市は今後、これまで行ってきた各校の避難訓練の取組み等を情報共有するとともに、「防災教育」を通常の教科授業のなかに取り入れ、子どもたちの防災意識も高めていきたい考えだ。

瀬谷区版のトップニュース最新6

高齢世帯に住警器

瀬谷消防火災予防協会

高齢世帯に住警器 社会

民間の寄付受け300個

9月23日号

規模縮小しオンラインへ

せや元気フェア

規模縮小しオンラインへ 社会

参加団体の紹介動画公開

9月23日号

初の区民オペラに挑戦

“音楽のまちSEYA”実行委員会

初の区民オペラに挑戦 文化

「日本生まれの歌劇発信」

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

桃色ドロシーがデビュー

瀬谷西高校出身バンド

桃色ドロシーがデビュー 文化

CFで母校と共演ライブ

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook