中区・西区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

麦田地域ケアプラ 地場野菜が「やってくる〜」 地産地消と交流促すマルシェ

コミュニティ社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
密を避けた屋外で、朝収穫したばかりの新鮮な野菜を販売する(写真は麦田地域ケアプラザ)
密を避けた屋外で、朝収穫したばかりの新鮮な野菜を販売する(写真は麦田地域ケアプラザ)

 横浜産の旬の野菜が、家の近くで買えます―。

 中区の麦田地域ケアプラザで定期開催されている「くるくるマルシェ」が、地域住民に人気を集めている。

 同マルシェは、女性を中心に地域活動を行っている「NPO法人スーリールファム」が運営。地産地消の推進と地域住民の買い物の利便性を高めるため、昨年10月から毎月1回、第4水曜日に定期開催している。馬車道でもマルシェを開いている驛(うまや)テラスの仲里一郎さんが、無農薬などにこだわる市内の農家から朝仕入れた新鮮な野菜や、地元産の加工品、産みたての卵などを販売。スーパーにはない珍しい野菜も多く、仲里さんから生産者の思いや調理法などを教えてもらえるのも、対面販売ならではの魅力だ。

 「”くるくる”と付けたマルシェの名前には『(出張販売で)横浜野菜がくる』や、消費者と生産者をつなぎ『くるくると回る』様子を表しています」と、同NPOの副理事長を務める三浦妙子さん=中区在住。近隣に住む高齢者や、子育てサロンのある日に開催していることから若い主婦の姿も多いという。同施設の地域活動交流コーディネーターを務める鈴木ゆりりさんは、「買い物客同士野菜を通して会話が生まれたり、施設を知ってもらうきっかけになっている。味の美味しさはもちろん、こうした交流を楽しみに来る方も多い」と話す。

中本牧コミハでも

 同マルシェが5月15日(土)、中本牧コミュニティハウスで初めて開催される。次回の麦田地域ケアプラザは5月26日(水)。どちらも午前10時〜午後2時。エコバッグを持参。

中区・西区版のローカルニュース最新6

国際フード製菓で学園祭

横浜駅西口

国際フード製菓で学園祭 社会

「食べる門には福来る」

10月28日号

発祥のドリア販売

ニューグランド

発祥のドリア販売 社会

読者3人にプレゼント

10月28日号

バウムクーヘンで「犯罪ゼロ」

認知症サポーターを養成

中区

認知症サポーターを養成 社会

11月25、29日

10月28日号

「安心の街」横断幕を寄贈

イセザキモール1・2St.

「安心の街」横断幕を寄贈 社会

10月28日号

子育ては夢のある営み

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook