鶴見区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

市場大和町在住古川さんが野毛で個展 「線」のアートずらり

文化

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
作品を手にする古川さん
作品を手にする古川さん

 市場大和町在住の古川巧さん(64)が11月3日から5日まで、アートマニアカフェ・ギャラリーヨコハマ=中区野毛町3の122=で個展を開く。時間は午後1時から7時。入場無料。

 古川さんは35年前から「線」の芸術を追及している。着眼するようになったのは、書の影響を受けてから。「文字の線に表れる強弱や息抜きなどは、日本独特のもの。絵にしたら面白いのではと思った」と古川さんは振り返る。以来、画用紙から段ボールまで、身近な素材にアクリル絵の具などで線を描いてきた。

 今回展示される作品の多くは、「線」にまつわるもの。古川さんは「なんだこれはと思うんじゃないか」と笑いつつも、「何を感じるかは見る側に任せる。会場と作品の雰囲気を味わって」と話している。

 2年前に鶴見へ越してきたばかりの古川さんは、区内でも芸術活動の場を模索している。「国道駅はすごく雰囲気がいい。作品展示を通して盛り上げられないか」と思い描いている。

 展示に関する問合せは古川さん【電話】090・9822・0801。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク