多摩区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

商店会エコポイント レジ袋削減 3.7万枚に 「まち協」終了も、継続へ

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
エコポイントカード
エコポイントカード

 多摩区まちづくり協議会の事業「多摩エコスタイルプロジェクト」が、区内4商店会の協力で運用してきたエコポイントカード。およそ5年間で約3万7千枚のレジ袋削減を実現するなど、実績を積んできた。3月末で同協議会は終了するが、任意団体としてプロジェクトを継続し、商店会との連携を図る。

 買い物袋持参などでポイントがもらえる「エコポイントカード」は二酸化炭素の削減や地球温暖化防止を掲げ、身近にできるエコ活動として2015年6月にスタート。登戸東通り商店会と区役所通り登栄会商店街振興組合の約20店舗で始まり、18年には生田中央商店会と民家園通り商店会の33店舗が加わった。ポイント付与の対象は「レジ袋不要」「食べ残しなし」など、店舗ごとに設定する環境に配慮した行動。各商店会の取り決めに応じてスタンプがもらえ、規定数がたまれば買物券として使用できる。

 今年2月までに回収されたカードは合計3171枚。約3万7千枚のレジ袋削減のほか、「食べ残しなし」は783回に上った。これらの「エコ活動」による二酸化炭素の削減量は、推計で約610キロになるという。

 活動は川崎市スマートライフスタイル大賞や、温暖化防止活動を競う「低炭素杯」で優秀賞を獲得。2商店会が川崎市から「エコ商店街」に認定されている。

7月 「有料化」重要な転換点

 今後の運用についてはプロジェクトメンバーと4商店会、多摩区商店街連合会が会議を重ね検討。まちづくり協議会終了後も区商連の協力で継続する方向で、運用方法や活動事例をまとめたマニュアルが作られた。

 これから課題となるのは、今年7月から国が推進するレジ袋の有料化。プロジェクトの本多正典代表は「ポイント対象の多くがレジ袋だが、今後活用できなくなる。これに代わる品目を考えていかないと」と頭をひねる。カード利用の7割を占める生田中央商店会は、6月末で取り扱いを終了する方針を示す。山田美佐男会長は「代替案も検討したが、継続は難しい。エコ活動自体は続けたいので、内容が変われば再開も検討する」と話している。

 有志メンバーで活動するプロジェクトについて、区商連の安陪修司会長は「商店会に合ったエコ活動を続けていく上で重要なパートナー」と強調。「大きな成果を上げたエコポイントを続けながら、区商連として『環境部門』のような広い意味でできることを取り入れていきたい」と話す。

多摩区版のトップニュース最新6

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

困難越え、等々力興行

プロレスヒートアップ

困難越え、等々力興行 スポーツ

6試合実現 勇気届ける

9月24日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 スポーツ

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

伊佐選手 中野島に感謝

川崎新田ジム

伊佐選手 中野島に感謝 スポーツ

新・日本ユース王者 地元凱旋

9月10日号

みどり愛護で大臣表彰

多摩区3団体

みどり愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

日向山と長沢、根岸古墳

9月10日号

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook