多摩区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

商店会エコポイント レジ袋有料化で転機 新たに「SDGs」啓発へ

経済

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
SDGsの11番目の項目
SDGsの11番目の項目

 国が義務付ける「レジ袋有料化」が7月1日に始まる。これを受け、区内4商店会で運用されてきたエコポイントカードで、取り扱い店の約6割を占めていた「レジ袋不要」は7月から対象外に。生田中央商店会はポイントカードの利用自体を終了する。

 エコポイントカードは、多摩区まちづくり協議会の事業から独立して活動を継続する「多摩エコスタイルプロジェクト」が運営。二酸化炭素の削減や地球温暖化防止を掲げ、およそ5年間で約3万7千枚のレジ袋削減に貢献してきた。

 これまでの対象店舗は50店余で、そのうち「レジ袋不要」の対象が30店以上。今後は登戸東通り商店会と区役所通り登栄会商店街振興組合、民家園通り商店会の3商店会で、「食べ残しなし」「マイ箸持参」など、飲食関連を中心に約15店のみが対象になる。

 20店近くが参加してきた生田中央商店会は、終了について2カ月ほど前から告知。カードは6月30日で失効するため、駆け込みでの利用が増えているという。山田美佐男会長は「利用の95%以上が『レジ袋』だったためやむを得ず終了。代替案が決まればまた検討していく」と話している。

環境意識の向上を

 プロジェクトメンバーと4商店会、多摩区商店街連合会は6月20日、今後について協議。環境汚染や貧困などの課題解決に向け国連が掲げる目標「SDGs」に取り組む方向を示した。SDGsの17項目のうち、11番目の「住み続けられるまちづくりを」に着目。まずは目標のマークを4商店会の店舗に掲示することを検討している。プロジェクトの本多正典代表は「SDGsを知らない人も多いが、学校の授業でも取り上げられている。掲示内容や各店舗への説明など、案をこれから考えていく」と話す。

 将来的には区商連全体で取り組むことも視野に入れる。「マークを貼り出すことでエコへの関心が伝えられる。時間をかけて普及できたら」と区商連の安陪修司会長。民家園通り商店会の井野大輔会長は「商店会とお客さん、まち全体の意識向上につながる。やるからには意味がある活動にすべき」と語った。

多摩区版のトップニュース最新6

「まちのひろば」見本示す

多摩SDC

「まちのひろば」見本示す 社会

子ども食堂や音楽ライブ

7月10日号

生田東高 2人が受賞

万引き防止ピクトグラム

生田東高 2人が受賞 教育

県警ら初のコンテスト

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク