中原区版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • はてぶ

洪水ハザードマップ 「区全域が浸水」と想定 市、14年ぶりに改定

社会

洪水ハザードマップの表紙
洪水ハザードマップの表紙
 川崎市は昨年の川崎区、幸区に続き市内5区の洪水ハザードマップを14年ぶりに改定した。中原区は多摩川と鶴見川の洪水区域などを示しており、多摩川が氾濫した際は浸水被害が区内全域に及ぶと想定。家屋倒壊地域も示されている。

 今回見直された洪水ハザードマップは、全国的に想定を超える浸水被害が発生していることから、国が新たに示した浸水想定に基づき、改定作業が進められていた。

 想定する最大規模の降雨量を考慮し、多摩川が2日間の総雨量588mm、鶴見川が同792mmで設定。氾濫した場合の浸水区域と深さを明示している。昨年10月に発生した台風21号の影響により多摩川の氾濫警戒区域を超えた際は、200mmの降雨量が計測された。

 以前の想定では多摩川の氾濫による区内の浸水エリアは約7割ほどだったのに対し、今回の見直しでは区内全域が浸水すると示された。

 また、新たに家屋倒壊が想定される地域も表示されることになり、多摩川の氾濫では区内に倒壊地域が含まれている。区危機管理課担当者は「多摩川の洪水による影響は区内全体に及ぶこと。防災意識を高めるきっかけにしてほしい」と話している。

 新たなハザードマップには避難場所や方法などの参考になるように、浸水時間を示した地図も加わった。情報面も充実しており、避難行動のフローなどが掲載されている。マップは区役所などで配布しているほか、川崎市のホームページで公表されている。

 市は、このハザードマップの使い方などについて説明会を順次開く。中原区は6月13日(水)午後7時から、22日(金)午後2時から区役所5階で開催する。申込みは不要。

ソニックエステ体験1080円

武蔵新城スキンケアハウスみまつ

https://mimatsu-web.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「避難」認識に個人差

風水害対策

「避難」認識に個人差

10月19日号

発足5年、広がる取組み

こすぎの大学

発足5年、広がる取組み

10月19日号

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

自治会館跡地利用、市へ要望

全町連

自治会館跡地利用、市へ要望

10月12日号

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

合葬墓で無縁化対策

市営霊園

合葬墓で無縁化対策

9月28日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に珈琲をどうぞ」

生活介護アイ・ケア

「気軽に珈琲をどうぞ」

10月21日 初の地域交流会

10月21日~10月21日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク