中原区版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

洪水ハザードマップ 「区全域が浸水」と想定 市、14年ぶりに改定

社会

洪水ハザードマップの表紙
洪水ハザードマップの表紙
 川崎市は昨年の川崎区、幸区に続き市内5区の洪水ハザードマップを14年ぶりに改定した。中原区は多摩川と鶴見川の洪水区域などを示しており、多摩川が氾濫した際は浸水被害が区内全域に及ぶと想定。家屋倒壊地域も示されている。

 今回見直された洪水ハザードマップは、全国的に想定を超える浸水被害が発生していることから、国が新たに示した浸水想定に基づき、改定作業が進められていた。

 想定する最大規模の降雨量を考慮し、多摩川が2日間の総雨量588mm、鶴見川が同792mmで設定。氾濫した場合の浸水区域と深さを明示している。昨年10月に発生した台風21号の影響により多摩川の氾濫警戒区域を超えた際は、200mmの降雨量が計測された。

 以前の想定では多摩川の氾濫による区内の浸水エリアは約7割ほどだったのに対し、今回の見直しでは区内全域が浸水すると示された。

 また、新たに家屋倒壊が想定される地域も表示されることになり、多摩川の氾濫では区内に倒壊地域が含まれている。区危機管理課担当者は「多摩川の洪水による影響は区内全体に及ぶこと。防災意識を高めるきっかけにしてほしい」と話している。

 新たなハザードマップには避難場所や方法などの参考になるように、浸水時間を示した地図も加わった。情報面も充実しており、避難行動のフローなどが掲載されている。マップは区役所などで配布しているほか、川崎市のホームページで公表されている。

 市は、このハザードマップの使い方などについて説明会を順次開く。中原区は6月13日(水)午後7時から、22日(金)午後2時から区役所5階で開催する。申込みは不要。

中原区版のトップニュース最新6件

申請増、新基準で18人

川崎市待機児童

申請増、新基準で18人

5月18日号

「かこさん創作原点知って」

北野書店

「かこさん創作原点知って」

5月18日号

「事務支援員」3校で試行

市立小学校

「事務支援員」3校で試行

5月11日号

「川崎の地酒」復活

(一社)カワサキノサキ

「川崎の地酒」復活

5月11日号

虫歯7年で9割減

西丸子小

虫歯7年で9割減

5月4日号

小中レスラー 後楽園に立つ

女子プロレスディアナ

小中レスラー 後楽園に立つ

5月4日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク