中原区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

地元の応援を背に、プロ野球・阪神タイガースで初の開幕投手を目指す 青柳 晃洋さん 川崎工科高校(上平間)出身 28歳

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

ぶれずに、新たな頂へ

 ○…野球の日本代表「侍ジャパン」として東京五輪に出場し、阪神では今季セ・リーグ最多勝の栄冠。高校時代を過ごした平間の商店街では、祝福の横断幕が2度掲げられた。「応援してくれる、その気持ちがうれしい」。地元からは凱旋パレードやサイン会を望む声も聞かれるが、「オファーはないですよ。もし受けたら考えてはみますけど」と微笑みながら明言を避けた。

 ○…「本当は高校までで野球を辞めるつもりでした」。その考えを変えさせたのが、中学3年のとき少年野球時代のコーチから掛けられた言葉。「続けていけばプロになれるぞ」。川崎工科高に進学し野球部に入部するや、「プロになる」と公言し人一倍練習に打ち込んだ。1年生でエースを任され、甲子園常連校と対戦しても「負けを考えて臨んだ試合は一度もない」。3年間の心残りは県ベスト16の成績。高校の先輩で元千葉ロッテ投手の内竜也さんらが残した「ベスト8超えを目標にしていたので」。悔し涙を流して夜まで走り続けたグラウンドに、今もオフに訪れ汗を流す。

 ○…恩返しの思いを込め、出身地の横浜市鶴見区の小学校へ、「勝利数×10万円」相当の本などを寄付。先月7日には学校を訪問し児童と触れ合い、目標を追い続けることの大切さや、夢が目標になり得ることを説いた。「憧れを抱いてもらえるようなすごい選手、それでいて子どもたちの身近な存在でありたい」

 ○…「野球エリートではないし、環境に恵まれていた訳でもない。野球が上手いやつもたくさんいた」。それでもぶれずに持ち続けた目標。寅年の今シーズン、目指すは開幕投手。「信頼される投手でないと立てない場所」。「力不足を痛感した」という五輪を糧に、新たな頂を目指す。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

宮田 明さん

朝昼晩、毎日開店している子ども食堂「じぃーじぃーず」を運営する

宮田 明さん

市ノ坪在住 60歳

5月13日号

大友 正人さん

4月1日付で中原消防署長に就任した

大友 正人さん

新丸子東在勤 54歳

5月6日号

大坪 剛志さん

中原警察署長に3月22日付けで就任した

大坪 剛志さん

中原区在住 59歳

4月22日号

板橋 茂夫さん

中原区長に4月1日付けで就任した

板橋 茂夫さん

多摩区在住 57歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

田島 道男さん

戦時中に供出された半鐘が戻った安楽寺(清浄庵)の住職を務める

田島 道男さん

下小田中在住 46歳

4月1日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook