麻生区版 掲載号:2016年2月5日号 エリアトップへ

区内栗木の企業 特許技術で川崎ブランド認定

経済

掲載号:2016年2月5日号

  • LINE
  • hatena
JRのエスカレーターで実際に使われている装飾フィルムを持つ浅井社長
JRのエスカレーターで実際に使われている装飾フィルムを持つ浅井社長

 川崎市や川崎商工会議所などによる「第12回川崎ものづくりブランド」の認定が先ごろ行われ、麻生区から(株)アサイマーキングシステム=区内栗木・浅井大輔代表取締役社長=のエスカレーターグラフィックスが選出された。

 この事業は市内の中小製造業による優れた製品や技術を国内外にPRし、販路拡大を支援することが目的。今回は10件の認定があり区内では同社が唯一の認定となった。

 今回認定の対象となったのはエスカレーターのステップ部分にある凹凸の溝部分に装飾フィルムを貼る技術。同社のラッピング技術は特許取得されており、短時間で安全に施工ができ、手間なく剥離させることも可能となっている。

 現在は鉄道車両や航空機、生協の配送トラックなどに施すラッピング広告などを手掛ける同社。区内細山のガレージで浅井社長と家族で起業して今年創業30周年を迎えた。浅井社長は「技術力などで自信はあったが外部の方々から認めてもらえたのはありがたい。30周年だが、これからも木のように日々着実に確実に顧客満足を考えて成長していきたい」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク