麻生区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

明大と市内企業 JICA支援事業に採択 農業技術、ベトナム進出へ

経済

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena
「ゼロアグリ」を設置している熊本県のハウス=同社提供(昨年撮影)
「ゼロアグリ」を設置している熊本県のハウス=同社提供(昨年撮影)

 明治大学と多摩区の(株)ルートレック・ネットワークスが共同開発したICT養液土耕システム「ゼロアグリ」。このシステムが、国際協力機構(JICA)の公募による中小企業海外展開支援事業に先月採択された。ベトナムの農業への導入を目指し、4月以降に調査事業を行う予定だ。

 情報技術(ICT)を活用した「ゼロアグリ」は、最適な水と肥料の量を割り出し、自動供給するハウス栽培用の農業システム。経験が必要とされる、水と肥料を施す作業を自動化することで、農作物の品質や収穫量向上につなげる。

 同社が提案した地域はベトナム南部のダラット高原で、肥料の与え過ぎで農作物が育ちにくくなる塩類集積など、課題を解決するのが狙いだ。高度な農業が注目されているベトナムでは、各国の企業が技術提案に乗り出しているという。

 「日本で生まれた栽培アルゴリズム(手順)をダラット高原で具現化して、モデル事業をつくりたい」と、同社の佐々木伸一社長。タイやミャンマーなど近隣諸国への展開を見据え、「世界各国の農業の問題解決を目指したい」と展望を語る。

8県で実用化

 同社は総務省の委託事業を機に、10年から農業分野に進出。2年後、明治大学黒川農場(麻生区)と「ゼロアグリ」の共同開発を始め、14年には市や商工会議所による「川崎ものづくりブランド」に認定された。同システムは既に茨城県や福島県、熊本県など全国8県の農家に納品。トマトやキュウリ、イチゴ、ピーマンなど13品目の栽培に使用されている。

 黒川農場の小沢聖特任教授は「養液土耕栽培は乾燥地で水を節約する技術。雨が多い日本では開発が遅れているが、ハウス面積が広く、気候が似ているベトナムで成果をあげられれば」と期待を寄せる。

 「案件化調査」と呼ばれる同事業は、途上国の開発ニーズと日本の優れた技術力を結びつけるのが目的で、2012年度に始まった。提案企業にJICAが調査を委託する形式で、契約期間は1年。今年度第2回は9月公示で120件の応募があり、34件が採択された。

麻生区版のトップニュース最新6

親子向けに防災冊子

麻生区

親子向けに防災冊子 社会

保育所などで配布中

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

3月上旬に利用開始へ

柿生歩道橋

3月上旬に利用開始へ 社会

工法変更で半年延期

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

ゲームで避難所運営

金程中学校区

ゲームで避難所運営 社会

多世代85人が議論

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク