麻生区版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

川崎市 異業種連携で都市農業を

経済

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena
活発な交流を促す福田紀彦市長(フォーラム後の意見交換会で)
活発な交流を促す福田紀彦市長(フォーラム後の意見交換会で)

独自モデル実現目指す

 川崎市はこのほど第1回目となる「都市農業活性化連携フォーラム」を高津区のてくのかわさきで開いた。工業や商業、福祉など様々な分野と連携した、新しい都市農業の実現をめざす。

 川崎市内では30年前に1237haあった農地は2015年に580haまで減少。また市内の農家数も30年前の2323戸から2015年には1172戸に減少している。市では川崎の農業を次世代に引き継ぐことを目標に、今年2月、新たな農業振興計画を策定。農業と工業、商業、福祉、情報、市民など様々な分野が連携し、川崎ならではの新たな都市農業の実現に向けて取り組んでいく、そのきっかけとして用意されたのが同フォーラムだ。

 6月末に開催されたフォーラムには福田紀彦市長を始め各方面から140人が参加。農業と市内の事業所がコラボレーションした成功事例の紹介や意見交換会も開かれた。福田市長は「都市農業はこれからの成長産業。川崎には大いなる可能性がある。異業種の連携が新しい価値を生む」と語り、JAセレサ川崎の原修一代表理事副組合長(現組合長)は「これからは攻める農業。様々な業種と連携して川崎の農業を元気にしたい」と今後に期待を寄せた。

 農業振興計画の策定に携わった明治大学の竹本田持副学長は「川崎には最先端の都市農業をつくる責任がある。川崎から日本全国、世界へと発信していきたい」と話した。若手農業後継者で構成される青年協議会の木所大輔会長は「川崎の農業の、農地の防波堤になる」と決意を表明した。

麻生区版のトップニュース最新6

文科大臣表彰を受賞

アンサンブル麻生

文科大臣表彰を受賞 社会

障害者の学習支援が評価

1月21日号

認知症対応の5店表彰

麻生区

認知症対応の5店表彰 社会

詳細を動画で公開

1月21日号

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を

2月3日 研修会参加者募集

2月3日~2月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook