麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

麻生野菜で新ドーナッツ 地元農家と企業がコラボ

経済

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
生産農家の井上さん(右)と新メニューを手にする伊藤店長(左)
生産農家の井上さん(右)と新メニューを手にする伊藤店長(左)

 「はらドーナッツ新百合ヶ丘店」と麻生区の生産農家、井上広基さんのコラボレーションによる地元野菜のドーナッツが開発され、8月末から新百合ヶ丘駅構内の店舗などに並んでいる。はらドーナッツでは地域農家と連携した商品開発は初の試みだという。

 このほど完成したのはトマトと岩塩のアイシングが施された「塩トマト」と、千切りのじゃがいもに衣をつけてドーナッツと一緒に揚げた「じゃがりど」の2種。どちらも井上さんが営む「いのうえのうえん」の野菜が用いられている。

 「お店の近くにあった生産者直売所の野菜が美味しくて、地元の素材で何か作りたいと思い立ったことがきっかけです」と話すのははらドーナッツ新百合ヶ丘店の伊藤奈穂子店長。こだわりの農家を求めてJAの紹介でたどり着いたのが井上さんだった。「話が来た時は信じられなかったですが、信頼できる人たちの所に届けたいという気持ちで野菜作りを行っているので嬉しかった」と井上さん。

 株式会社はらドーナッツは同店を全国で19店舗を運営しており、生地に野菜を混ぜたドーナッツは今まで商品化していたが、地場農家とのコラボは初めて。伊藤店長は「練りこむだけなら見栄えも今までと一緒。こだわりの野菜には私たちもこだわりを持って作りたかった」と出来上がったのが、素材を生かした2種のドーナッツだ。9月中旬まで新百合ヶ丘店と武蔵小杉店の店頭に並ぶが、収穫に左右される限定数の商品となっている。

 両者は既に第2弾コラボとしてかぼちゃなどを使った新メニュー作りに取りかかっており、秋口には店頭に並ぶ予定だ。

麻生区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

「東ルート」有力案 根拠示す

地下鉄延伸事業

「東ルート」有力案 根拠示す 経済

広域集客、バス連携を重視

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク