麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

麻生野菜で新ドーナッツ 地元農家と企業がコラボ

経済

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
生産農家の井上さん(右)と新メニューを手にする伊藤店長(左)
生産農家の井上さん(右)と新メニューを手にする伊藤店長(左)

 「はらドーナッツ新百合ヶ丘店」と麻生区の生産農家、井上広基さんのコラボレーションによる地元野菜のドーナッツが開発され、8月末から新百合ヶ丘駅構内の店舗などに並んでいる。はらドーナッツでは地域農家と連携した商品開発は初の試みだという。

 このほど完成したのはトマトと岩塩のアイシングが施された「塩トマト」と、千切りのじゃがいもに衣をつけてドーナッツと一緒に揚げた「じゃがりど」の2種。どちらも井上さんが営む「いのうえのうえん」の野菜が用いられている。

 「お店の近くにあった生産者直売所の野菜が美味しくて、地元の素材で何か作りたいと思い立ったことがきっかけです」と話すのははらドーナッツ新百合ヶ丘店の伊藤奈穂子店長。こだわりの農家を求めてJAの紹介でたどり着いたのが井上さんだった。「話が来た時は信じられなかったですが、信頼できる人たちの所に届けたいという気持ちで野菜作りを行っているので嬉しかった」と井上さん。

 株式会社はらドーナッツは同店を全国で19店舗を運営しており、生地に野菜を混ぜたドーナッツは今まで商品化していたが、地場農家とのコラボは初めて。伊藤店長は「練りこむだけなら見栄えも今までと一緒。こだわりの野菜には私たちもこだわりを持って作りたかった」と出来上がったのが、素材を生かした2種のドーナッツだ。9月中旬まで新百合ヶ丘店と武蔵小杉店の店頭に並ぶが、収穫に左右される限定数の商品となっている。

 両者は既に第2弾コラボとしてかぼちゃなどを使った新メニュー作りに取りかかっており、秋口には店頭に並ぶ予定だ。

麻生区版のトップニュース最新6

救う会が募金開始

心臓の難病南美ちゃん

救う会が募金開始 社会

渡米移植へ、2億8千万円

6月21日号

空き家活用し交流場に

王禅寺みどり町会

空き家活用し交流場に 社会

市内初のモデル事業

6月21日号

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月14日号

若年世代に街の魅力PR

区民会議元メンバー

若年世代に街の魅力PR 社会

区協働事業で冊子作成へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

教科書に柿生の街並み

教科書に柿生の街並み 教育

次年度の「生活」に登場

6月7日号

「粘るプレー」で全国へ

小学生バドミントン大会

「粘るプレー」で全国へ スポーツ

王禅寺中央の御後(ごご)さん

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク