麻生区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

飼い主同士、地域つないで 栗平白鳥自治会 ペットとぼうさい

コミュニティ社会

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
サークルのメンバー
サークルのメンバー

 栗平白鳥自治会内のサークル「ペットとぼうさい」は、ペットを飼っていることで防災について考えてもらおうと活動を行っている。東日本大震災をきっかけに2011年に発足した自治会内有志の防災ボランティアから、16年に誕生。ペットを飼っている人や飼った経験のある12人が所属する。区総合防災訓練や市内イベントでペット用の備蓄や避難方法などの啓発活動や、ペット同行の避難訓練、HPから情報発信も行っている。

 活動のゴールは「災害時、飼い主同士が協力してペットを守ること」。代表の森崎智奈美さんは「被災地の事例で、取り残されたまま餓死してまったペットや、逃げたペットが家を荒らしたという話も聞き、衛生面の問題もある」と指摘。「防ぐのは飼い主の責任だが、散歩で顔見知りになりやすい飼い主同士、地域で助け合いができれば」と語る。

 以前の調査で、栗平白鳥地区の居住者の約20%がペットを飼っていると結果が出た。メンバーの大久保克則さんは「飼っている人にとってペットは家族。でも避難所に来る人の中には動物アレルギーの人もいる。避難所は『人間優先』で話を止めず、そこから議論を進めたい」とペットを飼っていない人にも理解を呼びかける。

 年内完成を目指しているのが、ペットと一緒の避難を手順化したマニュアル冊子だ。風水害と地震で異なるペットの避難方法を手順化し、避難用の備蓄などの掲載を予定する。森崎さんは「避難所へはペットと『同行』『同伴』できるのかどうか。犬か猫か、小動物か、また飼っている数によっても対応は異なる。ペットも人間もお互いに助けられる関係性が大事。地域の意識を高めていきたい」と話す。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を 社会

2月3日 研修会参加者募集

1月14日号

区内各所で「どんど焼き」

区内各所で「どんど焼き」 社会

小正月の伝統行事

1月14日号

サッカーは全国ベスト8

桐光学園

サッカーは全国ベスト8 スポーツ

接戦勝ち上がり奮闘

1月14日号

子ども会作品一堂に

子ども会作品一堂に 文化

15日から区役所、市民館

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

気候危機を考える

気候危機を考える 社会

2月 区役所で講演会

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook