麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

片平小6年 「大好きな町に恩返し」 卒業制作の布巾、37カ所へ

コミュニティ教育

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
ルミナス保育園で恩師を囲んで
ルミナス保育園で恩師を囲んで

 「お世話になった人たちに、感謝や成長を伝えたい」――。市立片平小学校(中川夕起江校長)の6年生が、感染症予防の消毒液とともに使う布巾を作成し、学校周辺の施設や幼稚園・保育園に贈った。布巾には一人ひとりメッセージを刺しゅうし、育った地域への思いを込めた。

 児童が作成したのは、除菌用消毒液のボトルや機器の下に敷く布巾。家庭科の授業で「地域の人への恩返し」として取り組んだ、今年ならではの卒業制作だ。贈り先は、児童が日ごろ訪れる店舗やゆかりのある施設を自分たちで選定。2月から授業や時には休み時間を使って完成させた。贈る場所にあわせた言葉を刺しゅうで施した。

 完成した布巾と手紙を一緒にして、放課後や休日にグループごとに37カ所を訪問。卒業式を2日後に控えた18日には、片平こども文化センター、スーパー「フジ五月台店」、五月台ルミナス保育園の3カ所を訪れ、これまでの感謝の気持ちを伝えた。

 ルミナス保育園を訪れたのは、同園に通っていた5人。「刺しゅうするのは大変だった」「自分の作ったものが地域の中で使われていると思うとうれしい」「大好きな町に恩返ししたい」などと話しながら古巣に到着。同園の大田明日真さんに成長した姿を見せるとともに、布巾を手渡した。大田さんは「成長した子どもたちが、保育園に届けたいと言ってくれた気持ちがうれしい。布巾はボロボロになるまで使いたい」と語りかけた。

変化の多い1年もけん引

 今年度は新型コロナウイルスの影響で春先は休校を余儀なくされ、修学旅行も中止に。地域交流や学校行事もこれまで通りにはいかなかった。それでも6年生は「創意工夫して学校を引っ張ってきた」と6年担任の北川あや夏教諭は振り返る。「周囲への感謝もよく口にしていた。その気持ちを忘れないでほしい」。中川校長は「1つの目標に向かって頑張ることができる学年。最後に形に残ることで地域と関わることができてよかったと思う」と語った。
 

スーパーのフジ五月台店で(上)「アルコールしてね」のメッセージを刺しゅうした布巾(右)
スーパーのフジ五月台店で(上)「アルコールしてね」のメッセージを刺しゅうした布巾(右)
片平こども文化センターで記念写真
片平こども文化センターで記念写真

麻生区版のトップニュース最新6

自治功労で旭日単光章

虹ヶ丘在住角山雅計さん

自治功労で旭日単光章 社会

40年にわたる功績評価

5月14日号

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

通報・撮影 検挙に貢献

岡上在住荒川さん

通報・撮影 検挙に貢献 社会

麻生署から感謝状

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

10周年に記念誌作成

麻生区保護司会

10周年に記念誌作成 社会

これまでの歩みを記録

4月30日号

「カード詐欺盗」入電が急増

麻生区内

「カード詐欺盗」入電が急増 社会

4月から 量販店装う

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter