麻生区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

指導者めざし和凧作り 講習会で実技学ぶ

コミュニティ文化

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
和凧の作り方を指導する同会メンバー(右)
和凧の作り方を指導する同会メンバー(右)

 あさお和凧の会(廣嶋一康会長)が主催する、和凧作りの実技講習会が6月19日、麻生市民交流館やまゆりで開催され、6人が和凧作りに挑戦した。

 同会は、5年前に万福寺エリアの地域おこしを目的に発足。和凧作りや、凧揚げ大会を通じて、地域のコミュニティの促進、子どもたちにモノづくりの楽しさや創造性を養ってもらおうと活動を行っている。

 今回の講習会は、和凧作りの指導者になるためのもの。同会メンバーの指導のもと、和紙に「龍」の文字や、花、禅寺丸柿のキャラクター「かきまるくん」などを描き、色を塗った後、竹ひごを張り付け、糸を張って和凧を完成させた。上麻生在住の女性(45)は「簡単そうに見えて細かい作業もあったりと手が込んでいる。子どもと凧揚げをして、楽しさを伝えられたら」と感想を話した。

 廣嶋会長は「今回の受講者の方々には指導者として登録してもらえたら。リモートによる和凧作りも検討している。これからも子どもたちと一緒に活動できるように皆さんに無理なく参加してもらえたら」と語った。

 同会では11月、12月に小学校の寺子屋で子どもたち向けに和凧作りを実施する予定だという。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook