麻生区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

ゆりがおか児童合唱団 麻生で伝統つなぎ50年 8月に記念演奏会

コミュニティ文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
元気いっぱいな団員
元気いっぱいな団員

 麻生区内外の小学生から高校生が活動する「ゆりがおか児童合唱団」が、1970年の創立から50周年を迎えた。昨年延期した記念の定期演奏会を、8月29日(日)に麻生市民館で開催する。出身者の指導の下、麻生の風土ではぐくまれた伝統を受け継ぎ、ハーモニーを響かせる。

 同団は、百合丘団地の集会所で「ママさんコーラス」を指導していた故・山田榮子さんが「親子で歌えたら」という思いから創設。麻生音楽祭やあさお合唱フェスタなど地元での発表から、オペラ公演やスターダンサーズ・バレエ団公演「くるみ割り人形」に出演、CMソングの録音、海外で演奏など、幅広く活動してきた。在籍した団員数は500人を超えるという。

まちの風土が醸成

 創設者から受け継ぎ、合唱指導と指揮を務める藤井大輔さん(47)は、同団出身者。卒団後も合唱や声楽と音楽の道を進んできたが、「根幹は『ゆり児』にある」と言い切る。50年の節目に、「子どもが音楽をやりに集まる文化土壌がある麻生だから、ここまで続いてきたのではないか」と語る。

 現在の団員は、区内外の年長から高校3年まで33人。毎週日曜日に川崎青葉幼稚園(上麻生)などで練習する。団長の岩出万都衣さん(高2)は「年齢の上下関係なく仲がいいこと」と「好きに歌って、それでいて一人ひとりの声がきれいなハーモニーになっていること」と特長を語る。

「今の自分たち見て」

 86年から麻生市民館会場で行っている定期演奏会。50周年記念の今回は、委託作品や唱歌メドレー、振付を含む「シアター・ピース」などを披露する。藤井さんは「市民館で演奏会をするようになってからずっと最後を飾ってきたのが『シアター・ピース』。50周年だからやろうと決まりました」と話す。

 7月25日の練習では、フレーズの歌い方やハーモニーを細かく確認。合間には上級生が下級生の楽譜や姿勢の面倒を見る場面もあった。「下の子をサポートするのは代々受け継がれてきたこと」と岩出さん。演奏会では「長く続いてきたあゆみを感じてもらいながら、今の自分たちの『ゆり児』を見てもらいたい」と思いを寄せる。

 演奏会のチケットは予定枚数が終了している。

藤井さん(右)の指導で練習
藤井さん(右)の指導で練習

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook