川崎区・幸区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

川崎市 「内水氾濫マップ」作成 台風受け、来年度完成へ

社会

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
既に公表されている「洪水ハザードマップ」
既に公表されている「洪水ハザードマップ」

 川崎市が「内水氾濫」による浸水被害の危険エリアを示すハザードマップの作成を進めている。2020年度中の完成を目指す。市上下水道局は、先日市内に大きな被害をもたらした台風19号の浸水について「この内水氾濫が主な要因」と話している。

「洪水想定」に含まれず

 「内水氾濫」とは市街地に大雨が降った際、排水路や下水管の処理能力を超え、建物や土地、道路などが浸水する現象。先日の台風19号ではこの内水氾濫による被害が市内各所で発生。市の調べでは1685件が浸水した(10月18日現在)。

 現状、川崎市が公表している「洪水ハザードマップ」は、多摩川や鶴見川の水位上昇による堤防決壊等を想定したもので、内水氾濫による被害想定は盛り込まれていない。

 市上下水道局では2016年度から「内水ハザードマップ」作成に着手。過去の水害の発生概要や被害状況等を反映した「浸水想定区域図」などを基に「内水氾濫の被害想定シミュレーション」を実施。この結果などを組み入れた図面素案を今年度までに作り上げた。今後、避難経路など必要な情報を併記し、関係部局とも内容を共有。整合性などについての確認作業等を進め「2020年度中に完成させる」としている。

「見せ方」に課題も

 川崎市の場合、今回の台風19号による内水氾濫の要因は、大雨以外にも外水(多摩川)と内水(支流)の関係性にもあるとされ「この特殊性をどのようにマップに反映するのかが課題」としている。さらに市には既に「洪水」のほか「土砂災害」「津波」と3種類のハザードマップが存在しており、「内水氾濫」のエリアを示した新たなマップを加える上で、市民により伝わりやすい「見せ方の工夫」も検討課題だという。

 国土交通省は、内水による浸水は「被害の発生頻度が高い」「河川から離れた場所でも発生する」などと特徴を示している。

 「内水氾濫」の被害想定に特化したハザードマップは2015年までに横浜市が公表している。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

2カ所増設で4施設に

認知症疾患医療センター

2カ所増設で4施設に 社会

早期発見、治療へ体制拡充

5月14日号

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter