川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

読み聞かせ団体「絵本の会 あいあい」の代表として活動する 田中 伸子さん 川崎区大師町在住 65歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

温かい心物語で届ける

 ○…川崎区を拠点に、地域の図書館や小学校などで月に計6回ほど読み聞かせ活動を行う。「子どもは素直。つまらなければそっぽを向くし、面白ければ集中して聞いてくれる。常に真剣勝負」。題材は絵本だけでなく、手袋人形劇、テーブル劇、パネルシアター、紙芝居、語りだけで物語を紡ぐ「素話(すばなし)」など多岐に渡る。昨年11月には市から「読書活動優秀団体」として表彰された。「メンバー9人、気が引き締まった。責任感を持ちつつ、皆が楽しく活動できる会にしたい」

 ○…近所の知人に誘われ、2009年に入会した。元保育士など読み聞かせ経験者が集まる中、自身は全くの初心者だった。講座に通ったりメンバーに教わったりしながら、絵本の読み方や見せ方などの基礎を学んだ。活動時一番こだわるのはプログラム作成。季節感を大切に、昔話や現代の話など様々な物語を盛り込む。15年に多摩川で中1生が亡くなる事件が起きた際には、命にまつわる本の読み聞かせを依頼された。「誰もが別れを経験する。その時、本が助けになってくれれば」

 ○…東京都中野区出身。結婚を機に川崎に来て30年ほどになる。幼少期は外遊びが大好きで、中高はバレー部に在籍。大学時代から自宅近所の茶道教室に通い始め、その後25年間茶道を嗜んだ。現在はパソコン教室に通い、「関数にハマっちゃって」とエクセルなどの基礎を勉強中。

 ○…現在は素話の習得に奮闘中。題材は子どもの頃好きだった「安寿と厨子王」。絵が無い分、子どもが自由に物語を想像できるといい「ベテランが読むと、語りだけで情景がありありと浮かぶ」と目を輝かせる。「子どもたちに温かい心が届く読み聞かせをしたい」という夢を胸に、更なる技術向上を目指す。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

緑川 愛(あいら)さん

発達障害への偏見を無くそうと、執筆や啓発イベントを行うプロボクサー

緑川 愛(あいら)さん

神奈川渥美ジム(川崎区)所属 36歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク