幸区版 掲載号:2014年3月14日号 エリアトップへ

感染症情報 新システムで公開 川崎市が4月1日から

掲載号:2014年3月14日号

  • LINE
  • hatena
4月から運用が始まる感染症情報発信システムのページ
4月から運用が始まる感染症情報発信システムのページ

 川崎市は4月1日、インフルエンザ等の感染症発生状況を即時にウェブ上で公表できる「川崎市感染症情報発信システム」の運用を開始する。市内にある医療機関データの共有化を図り、感染者情報を公表することで感染拡大の防止につなげたい考え。

 これまでの感染症発生状況の公表は、国の定める市内54定点医療機関の1週間分の情報を保健所がまとめて国や市民に報告していた。

 今回導入する新システムでは、市内の医療機関がウェブ上で患者数を毎日入力できる仕組み。従来よりも最新で精度の高い情報提供ができ、新型の感染症や未知の感染症が発生した場合の医療関係者の情報共有の場としても活用される。

 市内964の医療機関の内、462機関(3月4日時点)がすでに登録。川崎市は、最終的に市内にある全ての医療機関の登録を目指している。

 ウェブ上で見ることができるデータは、各区を3つのエリアに分けた発生状況地図や男女・年齢別の患者数、過去の発生状況など。グラフや表などを使い、一般市民でも一目で市内の流行状況が把握できる。

 医療関係者用のページでは、病原体情報等が共有できる掲示板と資料集が見ることができるほか、情報の配信などもできる。

 導入の背景には、09年の新型インフルエンザ流行時の教訓がある。情報を収集する手段が決まっておらず、市や医師会がファックスなどで情報を集めながらの対応だったため、医療現場では混乱が生じ、市民に対しての注意喚起も早期にできなかったという。市によると、岐阜県でも、5年前からインフルエンザに特化した同様のシステムを導入し、一定の成果をあげているという。市では「感染症の拡大防止・対策等にぜひ活用してほしい」としている。

 同サイトは【URL】https://kidss.city.kawasaki.jp/modules/topics/から。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号