幸区版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

JR川崎駅 「ミューザ側に改札設置を」 経済、観光団体が要望強める

経済

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
福田市長(左から3番目)に要望書を手渡す経済、観光団体関係者
福田市長(左から3番目)に要望書を手渡す経済、観光団体関係者

 川崎駅前の経済、観光団体が5月27日と28日、JR川崎駅のミューザ川崎側にも改札口(南口改札口)を設置する要望書を川崎市長、川崎市議会議長、JR東日本に提出した。設置要望は今回で4回目となる中、関係者は「これまで以上に設置の重要性が増している」と強調し、働きかけを強めていきたい考えだ。

 要望書は川崎商工会議所(山田長満会頭)、川崎市観光協会(斎藤文夫代表理事・会長)、川崎駅前商店街連合会(馬場義弘会長)、川崎中央商店街連合会(猪熊俊夫会長)の4団体の連名で提出した。

 この中では川崎駅西口前に昨年3月に7800人が就業する東芝スマートコミュニティセンターが完成。8月にはキヤノン柳町プロジェクトのオフィス棟の竣工で2500人の就業者の増加が見込まれ、確実に乗降客が増加する点を指摘。南口改札の設置は駅利用者への危険回避と混雑緩和策につながる上、現在使用されている南側跨線橋の老朽化対策が施せる点がメリットとなるとし、設置に向けた検討を促している。

 設置要望は川崎駅周辺の人の回遊性を高めようと、

2012年から毎年行われ、今回で4回目。関係者は「大企業の進出のほか、幸区大宮町のJR川崎変電所跡地では開発が予定されているなどこれまで以上に南口改札設置の重要性が増している」と指摘する。とりわけ新川通り周辺の商業関係者にとっては「現在整備中の北口自由通路が供用開始されると、人の流れが変わってしまうのでは」と心配する声もあり、南口設置は悲願。

 要望は実現するまで働きかけを行うとしているが関係者は「今まで以上に市議会などで取り上げていただけければ」とも語る。

さいか屋跡地活用も要望

 4経済団体は5月31日で閉店した小川町の百貨店「さいか屋」の跡地の有効活用についても市に要望書を提出。シティーホテル、コンベンション(大型展示・会議施設)文化集客施設、複合商業施設の誘致を求めた。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号