幸区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

幸 区 放火被害が急増 昨年を上回るペース

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 放火が原因となる火災が、昨年の同時期に比べ区内で増加していることが、幸消防署(村上公憲署長)への取材で分かった。上半期だけで昨年1年間の発生件数に迫る勢い。同署では「放火されない環境づくに取り組んでほしい」と注意を呼び掛けている。

 幸署によると、今年(1月から6月22日現在)の幸区内での、火災発生件数は31件で昨年より11件増加している。うち放火は8件(前年の同時期より4件増)で昨年1年間の発生件数12件に迫る勢い。

 6月14日には、南加瀬3・4丁目付近で午前1時から2時頃にかけて、連続4件の火災が発生。いずれも放火でゴミ置き場にあるネットが燃やされた。

 同署によると、「被害地が1キロ圏内で時間帯も集中していることから、同一犯の可能性が高い」と見ている。幸警察署も複数犯の可能性も視野に、目撃情報などから捜査を進めている。また、その他地域でも不審火が原因の火災が発生しており、同署では「疑いも含めると放火の火災はさらに増えるのでは」と見ている。

 6月22日現在での市内の放火件数は57件で昨年の同時期より2件増加している。麻生区と中原区は、幸区と同様に昨年のペースを上回る10件(前年の同時期9件)と9件(同4件)の放火が発生している。

 放火は市内の原因別火災発生状況で39年連続トップ。こうした状況を踏まえ、市内の消防署を管轄する川崎市消防局では、今年3月に川崎市のご当地アイドル「川崎純情小町☆」を放火火災防止広報大使に任命し、あの手、この手で放火予防に取り組んでいるが、発生件数が増加してしまっている状況に、幸署では「非常に残念」と話している。

放火されない環境づくりを

 昨年も4件連続放火が発生した夏から秋頃を前に、幸消防署の村上署長は「ごみは収集日以外に出さない、家の周りに可燃物を置かない、倉庫には鍵をかけるなど、放火させない環境に取り組んでほしい。地域の力が火災予防には大切になる」と区民に注意を呼び掛けている。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号