さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

若者の力、相模大野に結集 2日にわたり新イベント

文化

歌声とトークで観客を盛り上げたmisonoさん(上)つぶつぶ★DOLLのメンバー(右)
歌声とトークで観客を盛り上げたmisonoさん(上)つぶつぶ★DOLLのメンバー(右)
 若者文化を通じて相模原市を市外にPRするため、新たに企画されたイベント「さがみはら未来博・相模まつり」が11日、12日の2日間、相模大野中央公園(南区)で開催された。主催は、今年8月に結成されたユメカナプロジェクト(平野まゆ代表)。

 会場ではプラモデルやミニ四駆が作れる「遊びエリア」のほか、高校生によるバンドやダンスのフェスティバルステージ、アニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーが集まる「コスプレエリア」などが設けられ、多くの若者で賑わった。

 11日のメインステージでは、声優の山本希望(のぞみ)さん、石上静香さんが登壇してトークショーを開催。声優になりたい夢を持つ子ども達に向けて、きっかけや自分の経験談などを伝えていた。続いて相模原のご当地アイドルグループ「つぶつぶ★DOLL」も登場。1時間以上にわたり、アニメソングメドレーや新たに作った相模まつりのテーマソングを披露し、会場に一体感を作り上げた。

 ステージのトリを飾ったのはタレント・歌手として活躍するmisonoさん。客層に合わせて曲目を臨機応変に変えながら、アニメソングなどを熱唱。抜群の歌唱力と軽妙なトークとモノマネで観客を沸かせ、拍手喝采を浴びていた。misonoさんは「めっちゃ盛り上がってくれて良かった。悩んでいる時や悲しい時に、皆さんの泣ける時間や涙を流せる場所でありたいから、音楽をやっています」と笑顔で話していた。

 イベントを終えた代表の平野さんは「地域の皆さんに楽しんでもらえて良かったと思います。新しい祭りということで、私たちなりに今後も相模原市の盛り上げに協力していければ」と話している。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

新名物とうふ牛鍋

大豆本来のうまみを生かした豆腐と選び抜いた牛肉を部位ごとに堪能する新メニュー

https://www.ukai.co.jp/oowada/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク