さがみはら中央区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • はてぶ

読プレ 心のふれあい描く 赤間氏 「エピソード集」刊行

文化

刊行本を手にする赤間氏
刊行本を手にする赤間氏
 市内の福祉グループ・(社福)相模福祉村の赤間源太郎理事長がこのほど、「あおいとりの贈り物」(幻冬舎/定価1400円+税)を刊行した。

 同書は、相模福祉村で働く職員らが利用者と接する中で感じた「心のふれあい」を記したエピソード集。寝たきりの高齢者や、身寄りがなく過去の記憶もない男性、人と会話ができない自閉症の少年とのエピソードなど、福祉を通じた職員らの実体験を紹介している。

 本紙では、同書を10人にプレゼントする。ハガキに住所・氏名・電話番号・「相模原市の好きなところ(場所・人・自然の多さなど自由)とその理由」を明記し、〒252―0239相模原市中央区中央2の6の4タウンニュース相模原支社「あおいとりの贈り物係」へ。7月21日(土)消印有効。当選は発送をもって。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク