さがみはら中央区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

市のふるさと納税が急増 人気の要因は?

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
製品を手にする斎藤課長(中央)ら同社社員
製品を手にする斎藤課長(中央)ら同社社員

 相模原市のふるさと納税額が急増している。今年2月から7月までの納税額は昨年の同期間と比べ7581万円増。1つの製品が押し上げている。

 それが南橋本に工場がある、プレス関連製品を取り扱う東プレのコンピューターキーボードだ。市によると、2月から7月までの納税額8232万5000円の内、7308万3000円がこのキーボード分だったという。

 同社のコンピューターキーボードは、押し心地がなめらかな上、長時間のタイピングでも指が疲れにくく、IT企業や金融機関のオペレーターなどに愛好者が多いもので、同社が情報配信したツイッターに「元々製品のファンだった人たちなどが反応したのでは」と担当する斎藤隆志課長は話す。

 「反響の大きさに驚いている。当社のこだわりが評価されうれしい。当社の製品が街に貢献できたことも良かったと思っています」

今月から18種に

 同社は今月、このキーボード12機種を新たに返礼品として登録。計18機種となり、「相模原市民の皆さまがこの制度を利用できないのは残念ですが、今後もより多くの皆さまにこの製品を知ってもらいたい」と同社。

 市の担当者は「大変ありがたいこと。全国の方に、相模原にこのような高い技術をもつ工場があることを知ってもらえたこともうれしい」と話し、同社のふるさと納税「増加分」は、市の子ども・若者未来基金などへ積み立てる予定という。
 

押し心地なめらかで「長時間のタイピングでも指が疲れにくい」と評判のキーボード
押し心地なめらかで「長時間のタイピングでも指が疲れにくい」と評判のキーボード

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

訪問し「おしゃれ」叶える

訪問し「おしゃれ」叶える 社会

星が丘の理容院

9月24日号

「相模原からチャンピオンに」

プロボクサー中谷潤人選手

「相模原からチャンピオンに」 スポーツ

市長訪問で世界戦へ抱負

9月24日号

市消防 新機器導入し訓練

市消防 新機器導入し訓練 社会

土砂崩れの二次被害防止

9月24日号

ノジマ、セレッソに敗戦

なでしこリーグ

ノジマ、セレッソに敗戦 スポーツ

後半に3失点

9月24日号

身近な「温泉地」 誕生

身近な「温泉地」 誕生 文化

町田・森乃彩(もりのいろどり) 読者を招待

9月24日号

サバイバルと収穫体験

サバイバルと収穫体験 教育

参加募集 ふれあい自然塾

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク