さがみはら緑区版 掲載号:2022年6月30日号 エリアトップへ

相模原市 給食から推進、地産地消 生産・流通事業者らと協定

社会

掲載号:2022年6月30日号

  • LINE
  • hatena
高く積まれた玉ねぎと和泉代表
高く積まれた玉ねぎと和泉代表

 相模原市は、学校給食に地場産農産物の使用割合を拡大することを目指し、生産者・市場・流通事業者と協定を結んだ。モデル事業として今年度は対象の小学校に玉ねぎを納入。次年度以降は品目などを増やし、調整の上、2025年度から市内全域での事業展開を目指す。

安定供給にタッグ

 市と協定を結んだのは、生産者が4つの生産農家による任意団体・相模原野菜生産倶楽部(大島)、市場が相模中央青果地方卸売市場(西橋本)、流通業者が有限会社平本青果(西橋本)、株式会社ころくや(八王子市)、新富産業株式会社(南区相模大野)。本村賢太郎市長は「市を含む6者での協定は、中々例のないこと。地場産の野菜を学校給食で使用することで食育の推進になれば」と期待を寄せた。

 生産倶楽部は学校給食専用に60アールの畑で玉ねぎを栽培。今年は10トンを学校給食に納品。段階的に年間20トンまで増やす予定になっている。

 学校給食の現場では早速、協定を利用した玉ねぎが納品された。

 大野小(南区)では6月16日の給食の「肉じゃがのカレー煮」に玉ねぎ130個が使われた。児童からは「甘くて美味しかった」、「元気が出た」、「カレーと凄く合っていた」と絶賛の声が聞かれた。

地元のメリット

 生産倶楽部代表の和泉大樹さんは、地産地消を広げる目的でかねてから給食利用を提案しており、今回の協定でこれまでの活動が実を結んだ。

 給食用の玉ねぎは、生産倶楽部が耕作放棄地を一括で借り上げて栽培している。耕作放棄地は担い手不足などで市内でも増える傾向にあるが「安定した供給先があることで、新規就農を希望する若者も増えるのでは」と語る。「地元の農業を考えると『自分だけ良ければ』ではだめ。『食べる人』と『作る場所』の両方があることを相模原のメリットとして伝えていけたら」と話す。

市を含む6者が協定
市を含む6者が協定

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

整備推進事業の実施決定

橋本駅周辺まちづくり

整備推進事業の実施決定 社会

都市計画説明会を開催へ

8月11日号

カエンタケに注意を

毒キノコ

カエンタケに注意を 社会

北公園などで複数発見

8月11日号

風化させないように

東日本台風

風化させないように 社会

市が災害記録誌を作成

8月4日号

過去最多を記録

消防局救急出場

過去最多を記録 社会

1日で173件

8月4日号

制服回収箱を庁舎に設置

制服回収箱を庁舎に設置 社会

想定査定額を市へ寄付

8月4日号

空き店舗から駅前活性化

森ラボ

空き店舗から駅前活性化 社会

藤野でプロジェクト始動

7月28日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook