町田版 掲載号:2016年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

特別養護老人ホーム町田誠心園に勤務し、日本応用老年学会の理事長を務める 柴田 博さん  79歳

成長し続ける医学博士

 ○…人はどのように年を重ねて行くのか。加齢を科学的に研究し、応用、実践してシニアを生かす道しるべとなる老年学。今年10年目を迎え、来年4月に社団法人化する日本応用老年学会の理事長であり、町田誠心園の最高顧問を務める医学博士だ。同学会は商品やサービス開発、生きがいや社会貢献のプログラム作りなど、高齢社会のネットワークセンターを目指す。

 ○…2000年、桜美林大学の教授に就任すると、国内で初となる老年学の学科立ち上げに奔走。高齢化社会を営むために必要な人材を育てる土壌を築く。まだ誰も歩んでいない道を開くには言葉にできない苦労もあった。「好きなことをやってきたので大変だけど楽しかった」と当時を思い出してほおを緩める。

 ○…講演でもよく通る声は、60歳を過ぎてから始めたボイストレーニングの賜物。80歳を過ぎて生涯現役を貫く「スーパー老人」の話をまとめた著書があり、自らも成長し続ける生涯発達を実践している。「年を取ることで人格面、物事を判断する能力は円熟味を増していく」と語る。現状を保とうとあらがうアンチエージングと違い、年を重ねながら生きていくことが楽しくなる響きがある。

 ○…北海道に生まれ、北海道大学医学部卒業後に東京大学医学部第四内科に入局。常に一線で活躍し続ける、持ち前のバイタリティーは衰えることをしらない。「大切なのはいくつになってもトライしてみようという気持ち」。歌うことをはじめ、自分がまだ到達していない分野は、のびしろがあると信じているから挑戦できる。70歳を超えて、好きなお酒がビールやワインから日本酒に変わる。「子どものころは苦くて嫌いだった食べ物が、大人になるとおいしく感じるように味覚も変化、成長するもの」という。80歳を前にして、歯もしっかり20本が健在だ。人生を楽しみ、自分自身の思いもよらない成長に毎日わくわくしている。

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク