町田版 掲載号:2016年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

特別養護老人ホーム町田誠心園に勤務し、日本応用老年学会の理事長を務める 柴田 博さん  79歳

成長し続ける医学博士

 ○…人はどのように年を重ねて行くのか。加齢を科学的に研究し、応用、実践してシニアを生かす道しるべとなる老年学。今年10年目を迎え、来年4月に社団法人化する日本応用老年学会の理事長であり、町田誠心園の最高顧問を務める医学博士だ。同学会は商品やサービス開発、生きがいや社会貢献のプログラム作りなど、高齢社会のネットワークセンターを目指す。

 ○…2000年、桜美林大学の教授に就任すると、国内で初となる老年学の学科立ち上げに奔走。高齢化社会を営むために必要な人材を育てる土壌を築く。まだ誰も歩んでいない道を開くには言葉にできない苦労もあった。「好きなことをやってきたので大変だけど楽しかった」と当時を思い出してほおを緩める。

 ○…講演でもよく通る声は、60歳を過ぎてから始めたボイストレーニングの賜物。80歳を過ぎて生涯現役を貫く「スーパー老人」の話をまとめた著書があり、自らも成長し続ける生涯発達を実践している。「年を取ることで人格面、物事を判断する能力は円熟味を増していく」と語る。現状を保とうとあらがうアンチエージングと違い、年を重ねながら生きていくことが楽しくなる響きがある。

 ○…北海道に生まれ、北海道大学医学部卒業後に東京大学医学部第四内科に入局。常に一線で活躍し続ける、持ち前のバイタリティーは衰えることをしらない。「大切なのはいくつになってもトライしてみようという気持ち」。歌うことをはじめ、自分がまだ到達していない分野は、のびしろがあると信じているから挑戦できる。70歳を超えて、好きなお酒がビールやワインから日本酒に変わる。「子どものころは苦くて嫌いだった食べ物が、大人になるとおいしく感じるように味覚も変化、成長するもの」という。80歳を前にして、歯もしっかり20本が健在だ。人生を楽しみ、自分自身の思いもよらない成長に毎日わくわくしている。

町田版の人物風土記最新6件

荒谷 俊治さん

町田市で4人目の名誉市民として顕彰された指揮者の

荒谷 俊治さん

5月24日号

井上 博之さん

都立小山内裏公園で行われる「第5回チャレンジ防災実行委員長」を務める

井上 博之さん

5月17日号

立川 晴の輔さん

5月14日(月)、和光大学ポプリホール鶴川で独演会を開く落語家の

立川 晴の輔さん

5月10日号

川崎 友理江さん

4月にオープンした無料塾「鶴川つばめ塾」の事務局長を務める

川崎 友理江さん

5月3日号

伊藤 富貴子さん

たけのこコンサートでピアノリサイタルを開くピアニストの

伊藤 富貴子さん

4月26日号

原 歩さん

FC町田ゼルビアレディースのコーチに就任した元なでしこジャパンの

原 歩さん

4月19日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山のマルシェふたたび

里山のマルシェふたたび

消費者と有機農家つなぐ

5月26日~5月26日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク